JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/04/09

【横浜】2018/3/24~6/24
英テート所蔵のヌードの傑作が集結した挑戦的展覧会「ヌード」

00_nude_00.jpg

アンリ・マティス《布をまとう裸婦》1936年 Tate: Purchased 1959 image © Tate,London 2017

 世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国のミュージアム「テート」。テートの所蔵作品の中からヌードをテーマにした作品を取り上げることで、200 年におよぶ裸体表現の変遷をたどる展覧会「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」が、6月24日まで横浜美術館で開催されている。

テート・コレクションが横浜にやってくる!

 テート(TATE)とは、大英博物館、ナショナル・ギャラリーと並ぶ、英国を代表する国立美術館のひとつである。ヨーロッパではテートといえば、ヘルツォーク&ド・ムーロン設計によるテート・モダンの建築や、斬新な切り口の企画展で話題を呼んでいる。そのテートが今回、挑戦的なテーマに取り組んだ。最も身近であり、個人的でもあり、人間そのものの存在を象徴する普遍的でもある「ヌード」。このテーマを取り上げた、大規模な展覧会は前例がないという。

00_nude_04.jpg

フレデリック・レイトン 《プシュケの水浴》1890年発表 Tate: Presented by the Trustees of theChantrey Bequest 1890 image © Tate,London 2017

 本展覧会では、理想的な美の象徴として、愛の表現として、社会的・政治的なメッセージとして、西洋の芸術家たちが向き合い、挑み続けてきたヌードを8章のテーマ別に考察する。日本初公開となるロダンの大理石彫刻《接吻》をはじめ、あまり知られていないターナーが描いたヌード作品や、マティス、ピカソ、ホックニー、シンディ・シャーマンなど19世後半から現代まで。絵画、彫刻、版画、写真134点にわたるテートの所蔵品のなかでも最も重要で、愛されているヌードの傑作が集結した。
 シドニー、オークランド、ソウルへと巡回し、多くの話題を呼んだ本展覧会は、日本では横浜美術館のみでの公開となる。

エロティック・ヌード

00_nude_01.jpg

オーギュスト・ロダン 《接吻》(部分)1901-4年 Purchased with assistance from the ArtFund and public contributions 1953 image© Tate, London 2017

 「ヌード=裸体」という言葉から人は何を想起するだろう? 「エロティック・ヌード」の章では、愛の行為に迫る芸術家たちの取り組みがみてとれる。
 オーギュスト・ロダンの傑作《接吻》は、男女の性愛を扱った芸術作品として、とりわけ重要なイメージを作り出した。情熱的に抱き合うふたりの姿には、高まる男女の感情が官能的に表現されている。実はふたりはダンテの『神曲』に登場する妻とその夫の弟という不義の恋仲。20世紀初頭に、この作品がはじめて展示されたとき、若者たちには刺激が強すぎるとシーツで覆い隠されたという。

→ 次ページ:
ターナーの貴重なヌード作品

メルマガ登録はこちら