JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/03/12

【2018/3/31~4/14】
「別れ」を展示する世界で唯一の博物館「別れの博物館」が日本初上陸!

00_wakare_00.jpg

(c) Museum of Broken Relationships

 クロアチアの首都ザグレブで2006年にスタートし、世界で約30万人を動員してきた「別れの博物館」。人との別れの品を展示する世界で唯一の稀有なコンセプトの博物館が3月31日〜4月14日、東京の「アーツ千代田3331」で開催される。

「別れ」の新しい癒しの形?

 別れには痛みが伴う。別れた後も思い出の品を捨てられずにいる経験は誰にでもあると思う。そういった品を博物館を通して公開することで、ビジターが痛みやさまざまな感情を共有する。これも新しい浄化と再生の形なのかもしれない。

00_wakare_01.jpg

創立者のドラジェン・グルビシッチさん(左)と、オリンカ・ヴラシュティツァさん。(c) Museum of Broken Relationships

 別れの博物館(Museum of Broken Relationships)は、4年間の恋愛関係に終止符を打ったカップル(ドラジェンとオリンカ)が、共に過ごした大切な時間を心の奥底に仕舞い込まず、思い出の品とお話を展示してみてはどうだろうと、小さなコンテナからスタートした。

00_wakare_02.jpg

別れの博物館はコンテナに二人の「思い出の品々」を展示したことからスタートした。(c) Museum of Broken Relationships

コンテナが世界規模の展示に

 "別れの経験を共有する"というコンセプトは、世界中に共感の輪が広がり、世界29か国、45都市を巡回することに。2011年には「革新的で人々に愛され、社会における美術館としての役割の枠を超え、社会議論を呼んだプロジェクト」に贈られるケネス・ハドソン・アワードを受賞。人間関係のもろさを映し出すだけでなく、人々の背景にある異文化や、社会的な問題、アイデンティティーへの関心を尊重しながら、個人的であるはずの感情を癒す機会を与えるプロジェクトへと発展していった。
 誰もが経験するが、内に秘めるしかなかった別れの感情を解き放つという発想も斬新だが、コミュニケーションを疎通の基本とするヨーロッパ人らしいプロジェクトであると思う。

00_wakare_03.jpg

ロンドンでの展示の様子。(c) Museum of Broken Relationships

→ 次ページ:
どんな別れの品があるの?

メルマガ登録はこちら