JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/03/14

【2018/2/24~5/27】
スペイン黄金期の巨匠ベラスケスの傑作が会した「プラド美術館展」

00_prado_00.jpg

 スペイン・マドリードにある「プラド美術館」は、歴代スペイン王家のコレクションを中心に7000点を超える絵画を所蔵する。
 世界屈指の美の御殿といわれるプラド美術館のコレクションの中から、西洋美術史上最大の画家のひとりディエゴ・ベラスケスの傑作7点をはじめ、ティツィアーノ、ルーベンス、リベーラ、ムリーリョらの名画など約70点が会した「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が、5月27日まで国立西洋美術館で開催されている。

冒頭の絵は日本初公開の名画:ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

画家と廷臣、二束のわらじを履いたベラスケス

 ディエゴ・ベラスケス(1599~1660年)は、スペインのセビーリャに生まれた。岳父のフランシスコ・パチェーコの工房に入門し、1623年、弱冠23歳にして宮廷画家に任命され、「ベラスケスだけが国王の肖像を描くべきである」と宮廷内で絶対的な信頼を獲得する。国王フェリペ4世から重用され、王宮配室長など宮廷職と画家の二束のわらじを履きながら絵画制作を行い、世界的な名作を残したのは驚愕に値する。

 現存するベラスケスの作品は約120点といわれるが、彼がその人生を絵画のみに捧げたとすれは、その何倍もの作品を残しただろうといわれている。ベラスケスの現存作品のうち、約4割をプラド美術館が所蔵する。今回の展覧会では、日本では過去最多の傑作が出品された。いずれも見ごたえある大作であり、スペイン美術の黄金期を代表する巨匠を理解するのに重要な作品ばかりである。

ベラスケスのここがすごい

 ベラスケス芸術の革新性は、以下の3つの点に要約することができる。

①対象への無差別さ

 ベラスケスは、宮廷画家として《狩猟服姿のフェリペ4世》のような国王を描くかたわら、宮廷のエンターテイナーであった矮人や道化も肖像画に残した。また酔っ払いたちや卑俗な容貌の人たちも描いている。
 相手がどのような社会的身分であっても彼は「個」として受け入れ対峙している。モデルの身分や境遇の違いを消し去るのではなく、受け入れつつひとりの人間として差別なく向き合い、内面に秘められた人間性を描きだしたのである。

00_prado_01.jpg

ディエゴ・ベラスケス《狩猟服姿のフェリペ4世》1632-34年 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 当時、国王の肖像画は、国を治める強い意志と理性を示すために無表情で描かれ、ポーズや持ち物なども厳密に規定されていたという。このような窮屈な条件が課せられていても、ベラスケスは人物の内面にある感情を引き出そうとしている。狩猟をするフェリペ4世のほのかに穏やかな表情には、威厳だけでなく人間味も感じられないだろうか。

→ 次ページ:
宗教画のモデルは家族?

メルマガ登録はこちら