JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/02/18

【2018/2/8~5/20】
夢想世界の住人ルドンが誘う
花の世界!「ルドン展」

00_rudon_00.jpg

 ルドンの描いた花や植物に焦点をあてた前例のない企画展「ルドンー秘密の花園」が、5月20日まで三菱一号館美術館にて開催されている。

冒頭の写真:[ドムシー男爵の城館の食堂壁画15枚のうち]《花とナナカマドの実》1900-1901年 木炭、油彩、デトランプ/カンヴァス オルセー美術館蔵 Photo©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

暗やみと自然が友達だった少年時代

 オディロン・ルドン(1840~1916)は、幻想的な内面世界に目を向けた特異な画業で知られている。
 仏ボルドーの裕福な家庭に生まれたが、病弱だったため11歳になるまで、郊外のぶどう園を管理していた親戚の老人に育てられる。ぶどう園と点在する沼と林の他は何もないさびしい田舎は、彼の感性と想像力を豊かに培った。

00_rudon_01.jpg

ルドンが幼少時代を過ごした大切なふるさとを描いた作品◆《ペイルルバードのポプラ》制作年不詳 油彩/厚紙(板に貼付)岐阜県美術館蔵

「子供のとき、私はくらがりが好きでした。厚いカーテンのしたや、家の暗い片すみや、いろいろな遊びをする部屋などに身を潜ませると、不思議なよろこびを味わったことを覚えています。そして外に出、野原へ行くと、空が私に対してなんという幻惑的な力をふるったことでしょう!」(ルドン著『私自身に』から)

 空想癖のある少年は、青年になると独学の植物学者アルマン・クラヴォーの影響で、ヒンズー文学、ボードレール、エドガー・アラン・ポー、ユイスマンなどの文学に傾倒する。放浪の版画家ルドルフ・ブレスダンやファンタン=ラトゥールの指導を得て、1879年石版画集『夢のなかで』でデビュー。続いて『エドガー・ポーに』『起源』という石版画集を発表し、"黒の画家"として注目される。

黒の時代

00_rudon_02.jpg

《『起源』II. おそらく花の中に最初の視覚が試みられた》1883年 リトグラフ/紙(シーヌ・アプリケ)岐阜県美術館蔵

 上の目をもった植物には、動物と植物の橋渡しとなるような存在を研究していた植物学者クラヴォーの影響が見て取れる。当時のルドンの作品モチーフは、顔をもった蜘蛛や魚でも動物でも人間でもある混合種など、晩年の傑作《キュクロプス》へと繋がる、不思議な空想世界の産物である。当時話題になった夢や無意識など精神世界の研究、聖書、神話、幻想小説に触発されたルドンの「見えないものに関する探求」が、光と影で表現されている。

 この後、50代になったルドンは黒との決別を行い、闇から光のなかへ、色彩の洪水ともいえるパステルや油彩による作品を制作していくのである。

→ 次ページ:
色彩へのめざめ

メルマガ登録はこちら