JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/02/04

【2018/1/13~3/21】
王侯貴族に愛されたハンガリーの名窯
「ヘレンド」展は見逃せない

00_herend_00.jpg

 ハンガリーを代表する高級磁器・ヘレンドの優雅で華やかな作品約230点が一堂に集まった展覧会「ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」が、3月21日までパナソニック汐留ミュージアムにて開催されている。

冒頭の写真:色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット 1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

ヴィクトリア女王が見初めた名器

 ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所。1826年に創設され、ハプスブルク家の保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されてきた。

 ヘレンドの名が世に広まったのは1851年、ロンドンで行われた世界初の世界万国博覧会でのことだ。そこで、英国のヴィクトリア女王はヘレンドを見初めた。これをきっかけに中国風絵柄に蝶の舞うディナーセットはウィンザー城の食卓を飾ることになり、ヨーロッパ各地の王侯貴族の間でヘレンドが広まっていったのである。
 この絵柄が現在「ヴィクトリア」と呼ばれる磁器である。英国王室とゆかりの深いこの食器は、ウィリアム皇太子とキャサリン妃のロイヤルウェディングでもへレンドから寄贈されたという。

00_herend_01.jpg

色絵金彩「ヴィクトリア」文ティーセット 1850年頃 ヘレンド磁器美術館蔵

ヘレンドの礎を築いたモール・フィシェル

 ヘレンドが脚光を浴びるようになったのには、ひとりの人物の存在が大きい。それがヘレンド190年余の歴史の中でも全盛期を形づくったといわれるモール・フィシェル(1799-1850)である。彼は1839年にヘレンドに資本参加すると、非凡な芸術的才能とビジネスセンスで、ヘレンドの名声の礎を築いた。

 フィシェルは、ビジネス面では、貴族や裕福な市民が所有していた磁器セットの割れてしまった器の補充や、貴族の家に伝わる逸品の複製を担った。また、国際的な博覧会に積極的に参加し、優れた製品の数々を出品することでヘレンドをアピールすることに成功したのである。ヴィクトリア女王に見初められる前のヘレンドは、実はほとんど無名の磁器メーカーであったという。

00_herend_05.jpg

色絵金彩花束文鳥飾り果物皿 1880年頃 ヘレンド磁器美術館蔵

→ 次ページ:
東洋から学んだ芸術性

メルマガ登録はこちら