JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/01/30

【2018/1/6~6/3】
現代アートの御殿「原美術館」は、
トリッキーで楽しい

00_hara_00.jpg

草間彌生「自己消滅」1980年 ミクストメディア サイズ可変 ©Yayoi Kusama (前期出品)

 日本の現代美術館の草分けである原美術館が、所蔵作品約1000点の中から館長自らが選び、キュレーションを行った展覧会「現代美術に魅せられてー原俊夫による原美術館コレクション展」が開催中である。
 会期は6月3日まで。1970年代後半より80年代前半までに収蔵された作品を主とする前期(1月6日~3月11日)と、企画展などをきっかけに収蔵された作品を主とする後期(3月21日~6月3日)に分けて、異なった内容で展示される。

閑静な住宅地に建つ現代アートの御殿

 品川駅から御殿山の方へ15分ほど歩いた、閑静な住宅街に原美術館はある。白を基調とした由緒正しき洋館は、銀座・和光本館や東京国立博物館本館などを手がけた建築家・渡辺仁が、実業家の原邦造の邸宅として設計したもの。1938年に建造された建物は、20世紀初頭欧州のモダニズムによるもので曲線が多用されている。
 しかし美術館の扉を開けるとまず対面するのが、山吹色にペイントされた室内オブジェに虫のような物体が無数に群がる草間生の「自己消滅」。外の静寂を打ち破るエネルギッシュな現代アートの世界が広がっている。

00_hara_01.jpg

ナム ジュン パイク「キャンドルテレビ」1980年 テレビ、ろうそく 33x41x24 cm ©Nam June Paik (前期出品)

懐かしさがこみ上げる前期の作品たち

 前期に紹介される作品は、ポップアートの代表者たるアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタイン、戦後絵画に大きな影響を与えた抽象表現主義のジャクソン・ポロックやロバート・ラウシェンバーグ。彫刻のジャン・ティンゲリーに、写真家のロバート・メィプルソープ。日本の作家では現役で活躍する草間彌生、杉本博司、森村泰昌。さらに世界に影響を与えたアジアの作家として、ナム ジュン パイク、艾未未(アイ ウェイウェイ)などそうそうたるメンバーたち。

 常に世界中のさまざまな美術館で見られるこれらの作品は、その時代の前衛的な試みだった。当時を経験した人には、思わぬところで知人に再会したような懐かしさがこみ上げるとともに、その時代のアート界の雰囲気が甦ってくるだろう。

 原美術館館長である原俊夫は、日本に現代美術館を作ろうと40歳で思い立ち、作品の収集を始めたそうだ。作家のアトリエや自宅を訪ね、表現者が何を想い、制作に至ったか直接話を聞くことで学び、コレクションを築いてきた。そうしたひとつひとつ丹念に収集した美術館の顔であるコレクションは、館長の現代美術に懸ける情熱と約40年にわたる原美術館の活動を示している。

→ 次ページ:
空間とアートの融合

メルマガ登録はこちら