JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/01/16

【2018/1/6~3/11】
ヨーロッパ史上最大のオタク!?
「ルドルフ2世の驚異の世界展」

00_Ludorf_01.jpg

◆ルドルフ2世の写実的肖像画(左)と野菜や花を使って表現したアンチンボルドの作品。ウェルトゥムヌスとは、ローマ神話に登場する果樹と果物の神のことをいう◆左:ハンス・フォン・アーヘン作のコピー 《ハプスブルク家、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の肖像》 1600年頃、油彩・キャンヴァス、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden。右:ジュゼッペ・アルチンボルド 《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》 1591年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

 神聖ローマ帝国皇帝として君臨したルドルフ2世(1552~1612)は、稀代の収集家として知られている。
 その彼の膨大なコレクション「驚異の部屋」の世界を紹介する「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」が3月11日まで、東京のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催されている。

ルドルフ2世は、ヨーロッパ史上最強のオタク!?

00_Ludorf_02.jpg

◆左の杯と蓋は灰褐色の瑪瑙で、豪奢な宝石の数々で装飾されている。右の貝の杯はダチョウの脚に乗っており、脚の先端のかぎ爪まで黒いエナメルで塗られるなどディテールまで凝った装飾がなされている。蓋には兵士が立ち剣を持ってトカゲを威嚇する◆左:《蓋付き杯》 1600年代、瑪瑙、銀、月長石、アメジスト、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden。右:《貝殻の杯》 1577年、貝殻、銀、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

 ルドルフ2世がプラハの宮廷にある「驚異の部屋」に集めたものは、当時の一流の芸術家による絵画(その数は3000点にも及ぶ!)や彫刻、驚くべき技巧を凝らした工芸品、望遠鏡や時計など最新の技術、森羅万象の謎を解くための占星術、天文学や錬金術の書物、地球儀や天球儀、貴重な鉱石や宝石、イッカクの牙など珍奇なモノ、新奇な植物や動物、楽器など。

 彼はあらゆるものを集めた。それも栄華を極めたハプスブルク家の富を使ってだから、お抱えの画家に直接注文するなど、一般の収集家とは規模も方法も異なる。展示品のひとつである、コレクションの目録の厚さからだけでもそれが尋常ではないことが窺える。

00_Ludorf_09.jpg

◆あらゆる季節の花が花瓶に集合した植物学的小宇宙たる作品◆ヤン・ブリューゲル(父) 《陶製の花瓶に生けられた小さな花束》 1607年頃、油彩・板、ウィーン美術史美術館 ©KHM-Museumsverband

→ 次ページ:
究極の趣味人のワンダーランドへようこそ!

メルマガ登録はこちら