JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/01/12

【2018/1/6~2/4】
スター・ウォーズのポスターも!
孤高のイラストレーター「生賴範義」展

00_ohrai_00.jpg

 「スター・ウォーズ」「ゴジラ」シリーズをはじめ、SF・時代劇・戦記物などあらゆるジャンルの作品を描き続けた稀有なイラストレーター生賴範義(おおらい・のりよし)の展覧会「生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR」が2月4日まで、上野の森美術館で開催中だ。

世界中でブレークした「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」のポスター

 生賴範義(1935~2015)は、多作な作家である。それは彼が、映画のポスターや書籍のカバー、広告など商業的な作品を生業としたイラストレーターとして活躍したことに由来する。
 そんな彼の多くの作品の中でも、最も有名なもののひとつは1980年「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」の国際版ポスターであろう。

00_ohrai_08.jpg

「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」1980年 ◆◆悪役が背景に大きく描かれ、主人公が中央に集まることで、悪が善を前に押し出すような強い印象を与えている。この斬新な構図は生賴自身のアイデアで、その後の映画ポスターの流行になった。◆◆

 1978年に公開された映画「スター・ウォーズ」は、精密な宇宙船の描写や当時最新のコンピューター技術を駆使した今までに見たことのない迫力ある映像、怪獣やロボットなど空想の世界をビジュアル化した楽しさで世界中のSFファンを驚愕させた。

 映画公開後、生賴が徳間書店刊の「決定版スペースSF映画の本」に描いた「スター・ウォーズ」の口絵が制作者ジョージ・ルーカスの目にとまり、続編「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」の国際版ポスターを手がけることになったという。

作品の前に立つと昔の自分が蘇ってくる

 実際にスター・ウォーズ・ブームを経験した人は、ポスターを目の前にすると当時の興奮が、映画館の前のポスターを憧れとともに眺めている幼い自分の姿とともに蘇ってくることだろう。

00_ohrai_02.jpg

「マッドマックス2」1981年 (c) 1982 Warner Bros. Entertainment

 「ゴジラ」シリーズ、「マッドマックス2」、「日本沈没」といった社会現象までになった映画のポスター。平井和正の「幻魔大戦」シリーズや吉川英治や小松左京など有名作家の書籍装画。日本のSF誌の金字塔的存在である「SFアドベンチャー」のカバー。
 時代を彩ったエポックメーキング的な作品世界を、緻密で独創的な技法と生命観溢れる迫力で描いた作品が一堂に会したこの展覧会は、その時代を経験した人には甘く切ない情感で、初めて接する人には圧倒的な表現力で、ビジターのエモーションを掻き立てる。

→ 次ページ:
孤高のイラストレーターの幻の大作が

メルマガ登録はこちら