JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2017/12/21

【2018/1/2~1/28】
東京国立博物館お正月恒例!
「博物館に初もうで」

00_shinnen_00.jpg

 東京国立博物館が2018年1月2日~28日に、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」を開催する。

 来年の干支・戌(いぬ)にちなんで犬を表した作品の特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」や、国宝・重要文化財の新春特別公開、新春にふさわしい吉祥模様を表した名品の展示が行われる。
 1月2日と3日には、獅子舞が登場したり、生け花の飾りをしつらえ新年を祝うムードでいっぱい、お得な企画でいっぱいの「博物館に初もうで」。今年は気分を変えてアートな新年を過ごしてみてはいかがだろうか。

かわいい犬たちがいっぱい!

新春特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」
2018年1月2日(火)~1月28日(日)本館特別1室・特別2室

00_shinnen_04.jpg

朝顔狗子図杉戸(部分) 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784) 東京国立博物館蔵 2018年1月2日(火)~1月28日(日)まで、本館特別1室にて展示

 最も古いペットといわれている犬は、さまざまな民族の文化に影響を与えてきた。展示では、「いぬのかたち」「いぬとくらす」の2つのテーマで、絵画に描かれた犬と人のかかわりを紹介する。
 「いぬのかたち」では日本人に愛されてきたかわいい子犬や珍しい異国犬を、「いぬとくらす」では中国絵画や浮世絵などを通して常に人とともにあった犬の姿を展覧することができる。

00_shinnen_03.jpg

名所江戸百景・高輪うしまち 歌川広重筆 江戸時代・安政4年(1857) 東京国立博物館蔵 2018年1月2日(火)~1月28日(日)まで、本館特別2室にて展示

今年は国宝「釈迦金棺出現図」がやってくる!

新春特別公開

00_shinnen_06.jpg

国宝 釈迦金棺出現図 平安時代・11世紀 京都国立博物館蔵 2018年1月2日(火)~1月28日(日)まで、本館2室にて展示◆釈迦が入滅後に駆けつけた母のため、神通力でお棺から起き上がって説法をしたという劇的な場面だ。

 新しい年にふさわしい豪華な作品を観覧!今年は京都国立博物館蔵の国宝「釈迦金棺出現図」、日本古筆の優品・国宝「古今和歌集(元永本)下帖」、昨年新しく重要文化財に指定された「鳥獣戯画断簡」が出展される。

00_shinnen_05.jpg

国宝 古今和歌集(元永本) 下帖 平安時代・12世紀 三井高大氏寄贈 東京国立博物館蔵 2018年1月2日(火)~1月14日(日)まで、本館3室にて展示

00_shinnen_02.jpg

重要文化財 鳥獣戯画断簡(部分) 平安時代・12世紀 東京国立博物館蔵 2018年1月2日(火)~2月4日(日)まで、本館3室にて展示

→ 次ページ:
イベントとお得な企画が満載!

メルマガ登録はこちら