JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2017/12/20

【2017/11/18~2018/4/1/】
インスタ映え?不思議な
レアンドロ・エルリッヒ展

00_reandro_00.jpg

レアンドロ・エルリッヒ 《建物》2004年 展示風景:104-パリ、2011年

 国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒの個展「レアンドロ・エルリッヒ展 みることのリアル」が、東京・森美術館で、2018年4月1日まで開催されている。

今、最もインスタ映えするアーティスト!?

 一瞬ドキッとする上の写真、タネ明かしをするとこうである。

00_reandro_01.jpg

レアンドロ・エルリッヒ《建物》2004年 展示風景:ニュイ・ブランシュ、パリ、2004年

 床に再現された建物の壁を、巨大な鏡で反射させたものを私たちは見ている。ポーズ次第で建物に張り付いたり、落ちたりする様子や、重力に逆らって指1本で壁にぶら下がったり、"インスタ映え"するトリッキーな写真を撮れてしまう楽しいアート作品である。

 レアンドロ・エルリッヒは日本では、金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家として知られている。

00_reandro_02.jpg

レアンドロ・エルリッヒ 《スイミング・プール》 2004年 所蔵:金沢21世紀美術館 撮影:木奥惠三 画像提供:金沢21世紀美術館

 地上と地下を隔てる水面を通して、地上からは水中で動き回る人々が眺められ、地下からは水中世界から地上を見る体験ができる面白さから、老若男女問わず親しまれている。

常識の基盤が揺らぐ展示!?

 見慣れた風景にわずかでも認識のずれが生じると、人は突如として違和感を覚える。レアンドロ・エルリッヒは、私たちが"当たり前"として疑いもせず受け止めている現実の中に、不思議で奇妙な空間を提示することで、私たちに"現実や常識とは何か"を再考させる。

 展覧会を通して、習慣や既成概念がいかに私たちの認識に影響を与えているかに気づくことで、私たちの生きている世界が今までとは違って見えることになるかもしれない。

→ 次ページ:
ビジターが参加してはじめて作品が完成するアート

メルマガ登録はこちら