JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2017/11/30

【2017/10/24~2018/1/8】
ゴッホと日本の想いが交差する
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

00_gogh_00.jpg

フィンセント・ファン・ゴッホ《オリーヴ園》1889年、油彩・カンヴァス、クレラー=ミュラー美術館蔵 © Kröller-Müller Museum,Otterlo

 ファン・ゴッホと日本との相互関係にスポットをあてた企画展「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」が、2018年1月8日まで東京・上野の東京都美術館にて開催中だ。

ゴッホと日本、お互いへの夢が交差する心を揺さぶられる展示

 「画家たちの天国以上、まさに日本そのものだ。」
 これはフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が、南仏に移り住んだ時の高揚感に満ちた言葉である。ファン・ゴッホにとって日本は創作の源であり、夢にまでみた理想郷だった。逆に日本人も画家ファン・ゴッホを高く評価し愛してきた。

 2部構成で展開される本展覧会では、第1部ではファン・ゴッホが日本からどんな影響を受け、どんなイメージを抱いていたのかを彼の作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点によって多角的に紹介する。第2部では日本人がファン・ゴッホのゆかりの場所を訪れた初期の「ゴッホ巡礼」について、約80点の豊富な資料によって展示されている。

 日本を夢想したファン・ゴッホと、ファン・ゴッホに憧憬した日本人。双方の想いと夢が時を隔てて交差するエモーショナルな展覧会である。

ファン・ゴッホと日本

 1880年代のパリはジャポニスム(日本趣味)の最盛期だった。1886年にファン・ゴッホはそのパリで多くの浮世絵に出会った。

00_gogh_01.jpg

左:フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(溪斎英泉による)》1887年、油彩・綿布、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)。右:溪斎英泉《雲龍打掛の花魁》1820~1830年代(文政後期~天保前期)、木版・紙

 ファン・ゴッホは浮世絵の鮮やかな色彩や作品としての質の高さに見せられる。当時まだ安価だった浮世絵を集め、展覧会を開き、《花魁(溪斎英泉による)》のように模写をし、肖像画の背景にも書き込んだ。

 彼はパリで印象派の影響を受け、オランダ時代の暗い色彩を捨てて明るい印象派風の作品を描くようになったが、浮世絵と接することでさらに革新的な独自の画風を生み出すようになったのである。

→ 次ページ:
ゴッホに影響を与えた日本

メルマガ登録はこちら