JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2017/11/20

【2017/10/21~12/10】
「ディエゴ・リベラ展」にみる
色鮮やかなメキシコの夢

00_rivera_00.jpg

◆メキシコの伝統的な主食であるトルティージャを作る様子を描いたもので、メキシコ的な主題を扱ったリベラの代表作のひとつ。◆ディエゴ・リベラ《とうもろこしをひく女》1924年 / メキシコ国立美術館蔵 / Museo Nacional de Arte, INBA, Mexico City / (c)2017 Banco de Mexico Diego Rivera Frida Kahlo Museums Trust, Mexico, D.F. / Reproduction Authorized by INSTITUTO NACIONAL DE BELLAS ARTES Y LITERATURA 2017.

 メキシコを代表する美術家ディエゴ・リベラと同時代の作家の作品を紹介する、埼玉県立近代美術館 開館35周年記念展「ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに」が、12月10日(日)まで開催中である。

フリーダ・カーロの夫だった国民的画家ディエゴ・リベラとは?

 メキシコ美術というと日本ではフリーダ・カーロを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。ディエゴ・リベラ(1886-1957)は、そのフリーダ・カーロの伴侶であり、本国メキシコでは国民的な画家として愛され、メキシコ紙幣の肖像にも登場しているほどである。

8660933_lay.jpg

◆メキシコのアトリエで作品の制作をするリベラ(年代不詳)◆(c) picture-alliance / dpa

00_rivera_06.jpg

◆フリーダ・カーロがリベラとの結婚15周年を記念して制作し、リベラに贈った小品。合体した夫婦の肖像画、首にからみつくとげとげしい枝や貝殻といったモチーフは、リベラとの複雑な関係に葛藤するカーロの心中が伝わってくるようだ。カーロとリベラは、離婚し2度目の結婚をしている。◆フリーダ・カーロ《ディエゴとフリーダ 1929-1944(ディエゴと私Ⅱ)》1944年 / ディエゴ・リベラ生家美術館蔵 / Museo Casa Diego Rivera, Marte R. Gomez Collection, INBA, Guanajuato / (c)2017 Banco de Mexico Diego Rivera Frida Kahlo Museums Trust, Mexico, D.F. / Reproduction Authorized by INSTITUTO NACIONAL DE BELLAS ARTES Y LITERATURA 2017.

ヨーロッパ留学とキュビスムの影響

 幼い頃から画才に恵まれていたリベラは、1907年ヨーロッパに留学し、《銃を持つ水兵(昼食とる船乗り)》のようなキュビスムなどの画風を試み、ピカソとも交流している。

00_rivera_01.jpg

◆各モチーフが幾何学的に分割、再構成されている1910年代のキュビスム期の作品。食卓のテーブル部分だけ実物と見まがう木目が描かれており、見る者を一瞬戸惑わせるような仕掛けも施されている。◆ディエゴ・リベラ《銃を持つ水兵(昼食とる船乗り)》1914年 / ディエゴ・リベラ生家美術館蔵 / Museo Casa Diego Rivera, Marte R. Gomez Collection, INBA, Guanajuato / (c)2017 Banco de Mexico Diego Rivera Frida Kahlo Museums Trust, Mexico, D.F. / Reproduction Authorized by INSTITUTO NACIONAL DE BELLAS ARTES Y LITERATURA 2017.

→ 次ページ:
メキシコ近代美術の魅力

メルマガ登録はこちら