JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2017/11/20

【2017/10/17~12/20】
展示「表現への情熱 カンディンスキー、
ルオーと色の冒険者たち」に注目!

00_rouault_00.jpg

ヴァシリー・カンディンスキー《商人たちの到着》1905年 宮城県美術館蔵

 色とかたちを軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーの共鳴を探る企画展「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」が12月20日まで、東京のパナソニック汐留ミュージアムにて開催中だ。

2人が生きた時代の背景

 抽象画家の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866~1944)と、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871~1958)、2人は新しい芸術を生み出そうとする熱気溢れた20世初頭のヨーロッパに生きた。

 当時のヨーロッパは産業革命や植民地主義の進行などによって社会が大きく変わりつつあった。芸術の世界でも、社会不安や非西洋文明との接触などが刺激となり、従来のキリスト教的西洋中心の価値観が揺さぶられ、さまざまな新しい表現が試みられた。

00_rouault_01.jpg

ヴァシリー・カンディンスキー『青騎士年鑑』表紙 1912年刊 宮城県美術館蔵◆「青騎士(ブラウエ・ライター、ドイツ語: der Blaue Reiter)」は、1912年にカンディンスキーとフランツ・マルクが創刊した綜合的な芸術年刊誌であり、独ミュンヘンにおいて1911年12月に表現主義画家たちが集まった芸術家サークルだ。

 キリスト教の聖人を証することに端を発する西洋絵画の伝統的手法に縛られていた当時のヨーロッパは、描かれる対象の表現が重要だった。しかしドイツ表現主義など新しい芸術の波は、描く画家の感情の表現を重視するという、より自由な表現形式の扉を開いた。

→ 次ページ:
展示の見どころ

メルマガ登録はこちら