JAF Mate Neo 懐かしの旧車

2018/11/29

【トヨタ博物館 クラシックカー・フェス 2018】(1)
戦前~1940年代半ばまでの全8台を紹介! 動画あり
ロールス・ロイス「ファントムI」が優美だった。

rp181127-01-01.jpg

展示会場の明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前を出発して、パレードランに向かうロールス・ロイス「ファントムI」。1927年製で、パレードランに参加した車両の中では最も歴史を有する。

 例年よりも半月ほど早く、11月17日に開催された「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑 2018」。ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいくことを目的としたクラシックカーと旧車の祭典だ。希少なクルマのオーナーが自慢の愛車で参加する国内屈指のイベントで、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前~皇居脇~銀座周辺~絵画館前というパレードランは、沿道に詰めかけた多くの人々を楽しませている。

 今年も多くの貴重なクラシックカーや旧車がパレードランに参加し、また展示された。そのレポート第1弾は、1913~1946年に製造された8車種を動画と画像で紹介する。

ゲートをくぐってパレードランに出発するクラシックカーたち。この動画では、1927年製ロールス・ロイス「ファントムI」から1933年製オースチン「10-4」までの戦前の7車種に、1946年製MG「ミジェット TC」を加えた合計8車種の走行シーンを収録した。

展示参加で最古参の1913年製! AC「ソサイアブル」

 パレードランは残念ながら不参加だったが、今回の展示参加車両中で最古参だったのが、1913(大正2)年に英国最古の自動車メーカーとされるAC社が製作した3輪車「ソサイアブル」。ACとはAuto Carrierの略で、後のACカーズのことで、フォード製V8エンジンを搭載したモンスターカー「ACコブラ」で知られている。

rp181127-01-02.jpg

「ソサイアブル」を前方から。前2輪+後1輪のリバーストライク型だ。空冷・735cc・サイドバルブ方式の単気筒エンジンを搭載。出力は5馬力だった。

rp181127-01-03.jpg

「ソサイアブル」は後ろが1輪。全長は約7フィート(約2.1m)。シャシーは木製だ。後1輪が駆動輪で、チェーン駆動方式が採用されている。

パレードランの先頭を切ったロールス・ロイス「ファントムI」

 日本に現存する公道走行が可能なクラシックカーの中でも、屈指の歴史を有する1台。現在はBMW傘下のブランドとなっているが、英国の高級車メーカーだったロールス・ロイスが1925(大正14)年に世に送り出したのがこの「ファントムI」。この車両は1927(昭和2)年製だ。冒頭の動画では、パレードランに最初に向かったのが「ファントムI」だ。

rp181127-01-04b.jpg

7.7Lという大排気量のエンジンを搭載するが静粛性が高いことから、"幽霊"を意味する「ファントム」の名がつけられたという。

戦前のル・マン24時間レースで2連覇を達成したベントレー「6.5L」

 こちらも国内のさまざまなクラシックカー・イベントに参加しており、非常に有名な1台。「6.5L」は、現在はフォルクスワーゲン傘下だが、かつて英国の高級車・スポーツメーカーとして名を馳せたベントレーが1926(大正15)年に発表した大排気量スポーツカー。1929(昭和4)年・1930年のル・マン24時間レースで2連覇を達成した。この「6.5L」は1928年製。

rp181127-01-05.jpg

ベントレーは当時、スポーツタイプとして3L、4.5Lと開発し、そしてこの6.5Lが誕生。最高速度は時速160kmまで出せる。

→ 次ページ:
続いてフォード「モデルA」やMG「ミジェット TC」など!

メルマガ登録はこちら