ニュース・プラス 【東京オートサロン2017続報】
最強の「GT-R NISMO」をさらに強化!
ニュル仕様超スペックパーツ受注開始!!

2017年01月14日 掲載

 東京オートサロン2017(幕張メッセ)がいよいよ開幕。メーカーの報道発表などを中心に、初日の模様をお届けする。


tas2017_1306_01.jpg

最強のGT-R、「N Attack Package A kit装着GT-R NISMO(17年式)」。腕前さえあれば、かのニュルブルクリンクサーキットで量産車最速タイムの7分8秒679を狙えるマシンだ。

 日産ブースでは、同社のスポーツ部門NISMOが手がける、R35型GT-R(2017年式)をNISMOがチューンした「GT-R NISMO」の、さらに走りの究極を求めたモデルともいうべき、専用パーツ「N Attack Package A kit」の装着車を展示。

 そして、「N Attack Package A kit」および同「B kit」(A kitよりもパーツなどが少ない)の価格を発表、13日より受注を開始したことを発表した。

N Attack Packageの「N」はニュルの「N」

 N Attack Packageの「N」は、世界で最も難易度の高いサーキットとして知られる、独ニュルブルクリンクサーキットを意味する。同サーキットの北コースは全長20.832kmもあり、プロのドライバーですら覚えるのが大変なほどの数のコーナー数を有する。

 しかもその難しさは極めつけで、大げさでも何でもなく、毎年必ずといっていいほどドライバーが死亡事故を起こしているほど。プロ中のプロですら事故に巻き込まれることがあり、10年にはトヨタのテストドライバーのトップだった成瀬弘氏が事故で亡くなっている。

 そんな驚異的な難易度を誇るサーキットにおいて、13年9月30日に、GT-Rは14年モデルテスト車両に専用パーツを装着してタイムアタックを実施。

 そして量産車最速タイムとなる7分8秒679を叩き出したのである(ドライバーは、スーパーGTなどで活躍するミハエル・クルム)。その専用パーツと完全に同じものがN Attack Package A kitというわけだ。

tas2017_1306_02.jpg

N Attack Package A kit装着GT-R NISMOを真横から。リヤウイングがわかりにくいかも知れないが、通常のGT-R NISMOよりもかなり高い位置にある。

→ 次ページ:
性能もすごければお値段も!