JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/01/06

ホンダは「感情エンジンHANA」発表。
Pepperの感情をクルマに応用。
CESで楽しい未来モビリティを展開!

np170106-03-01.jpg

車両用AI「感情エンジン HANA」を搭載したEVコミューター「Honda NeuV」。

 ホンダは1月6日、開催中の世界最大の家電見本市インターネット・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017において、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、生活の質を高める新価値提供を目標に、AI、ビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させることを発表した。

 同時に、ドライバーとのコミュニケーションを行えるAI搭載EVコミューターのコンセプトカーである「Honda NeuV(ニューヴィー)」や、ASIMOに代表される同社のヒューマノイドロボット研究で培われたバランス制御技術を応用した、世界初公開となる2輪の実験車「Honda Riding Assist」なども公開した。

ソフトバンクと共同開発したAIを世界初公開

 Honda NeuVは、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー。同社がソフトバンクと共同研究で新たに開発した、世界初公開のAI「感情エンジン HANA(Honda Automated Network Assistant)」を搭載している。

 感情エンジン HANAは、ソフトバンクのグループ会社であるのcocoro SBが開発し、商用販売されているコミュニケーションロボット「Pepper」に搭載されている、ロボット自らが感情を擬似的に生成する機能を持ったAI「感情エンジン」を、両社の共同研究でクルマ用に改良したもの。

 ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転支援を行うほか、ライフスタイルや嗜好を学習して、状況に応じてドライバーに合わせた選択肢の提案を行うなど、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現するという。

 ちなみに、クルマを使用しない時は、クルマが自動運転で移動しながら他人に使ってもらうライドシェアを行うなど、自動運転技術とAIによって、大きく広がる未来のモビリティの可能性も模索する。

np170106-03-02.jpg

Honda NeuVのリアビュー。自動運転の次の機能は、クルマにAIを搭載し、ドライバーに寄り添わせることである。

→ 次ページ:
倒れないようバランスを取ってくれるバイク