JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/10/03

EV市場に新たな強豪が参戦。
あのオシャレ家電のダイソンが
根本的に違うEVを開発中らしい。

00_dyson_00.jpg

ダイソン社の代表作たるサイクロン式掃除機とCEOのジェームズ・ダイソン氏。写真は2002年のもの© picture-alliance / dpa

 掃除機で有名な英ダイソン社が、固体電池を使用したEV(電気自動車)を2020年までに発売すると発表した。

 この見出しだけを見ると、異なる分野の企業がEV事業に乗り出したと響くかもしれない。同じような例として、アップル社やGoogle社などIT企業が自動運転車の開発をはじめたこと、日本の人材派遣企業アスパークが開発中のスーパーカー「Owl」などが挙げられる。

ダイソンは1980年代からサステナビリティを思慮

 しかし、ダイソン社創立者のジェームズ・ダイソン氏がtwitterに発表したEV生産にいたる経緯を読むと、ダイソンは長年、排ガスによる環境問題とクルマの排気システムの開発に取り組んできたことが分かる。

00_dyson_02.jpg

ダイソン氏がTwitterに声明したEV製造への経緯。90年代の排気システムについてのスケッチも見られる。© Dyson

 Twitterに添付された文書によると、ダイソン氏がEVに着手するようになったのは1988年、アメリカ国立労働安全衛生研究所が発表したディーゼルエンジンの排ガスと実験用マウスの死亡の関連性の研究書に触発されたためである。

 その後ダイソン氏はサイクロンフィルターの研究を始め、自動車の排気システムに装着し、微粒子をキャッチするフィルターを開発した。1993年にプロトタイプが完成したが、誰もこの技術に反応を示さなかったという。

→ 次ページ:
環境問題に対する思いをダイソンが表明

メルマガ登録はこちら