JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/11/09

屋外対応の「布製ソファ」が登場。雨が降ってもすぐ乾く構造とは?

181107-20-1.jpg

「THALLON リゾートガーデンソファセット」シングル、2シート、3シート、オットマン、スツールの5点セット。

 リゾート家具を企画・販売するジゼルファニチャー株式会社(東京都渋谷区)は11月1日、屋外対応布製ソファ「THALLON(タロン)」を発売した。

屋外対応布製ソファ「THALLON」とは?

181107-20-2.jpg

アルミニウムのフレームの周りをQuick Dry Foam®で、ぐるっと取り囲むように設計されている。

 THALLONは、庭やバルコニーなどの屋外に設置してアウトドアリビングを楽しむために設計された布製ソファ。屋外用ソファは、ラタン製の躯体にクッションを乗せたものが主流であるが、タロンは、全面を布で覆ったソファである。屋外に布製ソファを置くと、雨で水がしみ込んだり、乾かないことでカビや雑菌が繁殖する心配がある。しかしタロンは、水を通す特殊なクッション材「Quick Dry Foam®」とSunbrella®社(米国)による、屋外耐久性に優れた布を使用することでその問題を解決している。

Quick Dry Foam®はヘチマ状の繊維が特徴

181107-20-3.jpg

Quick Dry Foam®の構造。目の粗いヘチマ繊維のような構造で、水を透過しやすくなっている。

 Quick Dry Foam®(クイックドライフォーム)は、ドイツで開発された屋外家具用のクッション素材のこと。ポリウレタンをヘチマ繊維のように粗い網状に加工した構造で、通常のウレタンフォームと比較すると、ひとつひとつの繊維の目が粗く広く開いているため、水をほとんど吸収せず、さらには速乾性に優れているという特性を持つ。さらに、防カビ加工も施されているので雑菌の繁殖も最小限に抑えることができるという。

 ジゼルではこれまでも、ラタン製ソファのクッション部分にQuick Dry Foam®を使用したことはあったが、躯体全体に使用したのはタロンが初めてだという。

181107-20-4.jpg

Quick Dry Foam®に注いだ水が、上部にほとんど溜まることなく流れ出ていて、その透過性の高さがわかる。

Sunbrella®社のファブリックは汚れ知らず?

 Sunbrella®社は、ヨットの帆やディズニーランドのパラソル、ドトールコーヒーのオーニング、吉田カバンとのコラボレーションなどで知らる世界的に有名なマリンファブリックブランド。上動画で、水や漂白剤、チョコソース、ケチャップなどをかけても、さっと水で流すだけで綺麗になるという、まるでテレビショッピングのようなアピールをしている通り、同社の布製品は、撥水性や通気性、退色への耐性が高く、さらにはカビや腐食にも強いという。

 タロンは、ソファ全体の布を簡単に着脱可能なベルクロ構造にしているので、洗濯や交換もお手の物である。

 自宅の庭にリゾート的なくつろぎ空間を作るにも、飲食店のバルコニーなどに設置するにもいいだろう。もし手に入れたら、わざと水をこぼしてその性能を確かめたくなりそうだ。

 タロンの値段は、冒頭の5点セットで1,570,000円(パラソルは除く)。2人掛けソファ457,000円。3人掛けソファ575,000円。(※値段は全て税抜き) 

 ジゼルファニチャーの表参道店では12月25日まで、2019年4月末頃納品の家具注文を対象に20%オフセールを実施している。

2018年11月09日(JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士)

メルマガ登録はこちら