JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/11/09

「日産 GT-R 50 by イタルデザイン」にインスパイア! 完全受注生産のグランドセイコーが登場

181105-61-top.jpg

 セイコーウオッチは10月15日、日産とイタルデザインの共同開発車である「Nissan GT-R50 by Italdesign」にインスパイアされた完全受注生産の腕時計、「グランドセイコー スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign」を発表した。

 Nissan GT-R50 by Italdesignは日産GT-Rと、世界を代表するカーデザイナーのひとりであるジョルジェット・ジウジアーロ氏率いるイタルデザインが、それぞれ2019年、2018年に50周年を迎えるにあたり、メモリアルモデルとして今年6月に発表されたスーパースポーツカー。GT-R NISMOをベースにイタルデザインが内外装をリデザインし、日伊両国のクラフトマンシップを融合させた特別な1台だ。(関連記事:1億円超のスーパーなGT-R登場! 日産とイタルデザインが初のコラボ

181105-61-02.jpg

 今回セイコーはこのクルマの誕生にあわせて、カスタムメイド方式による特別なコラボレーションモデルを製作。ケース素材はセラミックスに加え、18Kゴールドやプラチナなど貴金属を組み合わせることができるほか、文字盤や針のデザインもオーナーの好みによってさまざまなカスタマイズが可能だという。

「セイコーと日産は、過去にもコラボレーションモデルを作ってきた経緯があるが、今回は極めてスペシャルなモデルを発表させていただいた。セイコーはジウジアーロ氏のデザインによる腕時計も数多くラインナップしていることもあり、同社にとっても記念碑的なモデル」とセイコーの担当者は語る。

 さて、その気になる価格だが、なんと2000万円也(!)。生産本数はわずか世界限定3本とのこと。オーダーは、「セイコーフラッグシップサロン」のある銀座・和光でのみ受け付けている。

 巷では、1億円オーバーとも謳われているNissan GT-R50 by Italdesignだが、英国で7月12日に開催された自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初お披露目された後、現在は東京・銀座にある日産のブランド発信拠点である「NISSAN CROSSING」にて、11月25日まで展示中だ。もちろん、今回セイコーから登場したコラボレーションモデルもあわせて見ることができ、またとない機会となっている。

グランドセイコー
「スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign」
ケースサイズ:46.4mm、厚さ16.2mm
ムーブメント:スプリングドライブ クロノグラフ GMT キャリバー9R96
巻上げ方式:自動巻
パワーリザーブ:約72時間
付加機能:日付表示機能、パワーリザーブ表示機能、デュアルタイム表示機能、ストップウオッチ機能、カレンダー連動時査収性機能
価格:2000万円(税別)

セイコーウオッチ お客様相談室
Tel. 0120-061-012

2018年11月09日(JAF メディアワークス ITメディア部 秋月新一郎)

メルマガ登録はこちら