JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/10/09

かっこいいだけじゃない!魅力的な車両が誕生。相鉄・JR直通線用新型車両「12000系」を来年春に導入

 相模鉄道株式会社は、2019年春に新型車両として「12000系」を導入する。駅舎や車両、制服、商業施設等のデザインコンセプトを統一し、グループの認知度・好感度の向上を図る「デザインブランドアッププロジェクト」の概念に基づいて製造するものだ。新型車両としては、今年2月にデビューした「20000系」に続くものとなっている。

181005_10.jpg

SF映画から飛び出したようなフォルムに横浜を象徴した濃紺色が映えるスタイリッシュな新型車両だ。

スタイリッシュかつ乗客への配慮も万全な車両

外見の特徴
 まずは外見の特徴を紹介しよう。先頭形状は、能の代表的な面の1つである「獅子口」をイメージした力強いデザイン。横浜を象徴した濃紺色、YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)で車体を塗装している。このカラーリングはすでに運行中の「9000系」から引き継がれたもの。 深みのあるダークブルーの塗装は、横浜の街が刻んできた歴史をイメージ。塗料メーカーの協力の下、実際の車両に候補色を塗り、さらに工場に出向き何度もブラッシュアップを重ねて完成したものだ。

内装の特徴
 内装は、今年2月にデビューした「20000系」の仕様を踏襲し、落ち着きのあるグレー色で統一。ロングシート座席は座り心地を改良し、ランダムパターンを施した汚れが目立たない生地を採用している。一部で採用されている「ユニバーサルデザインシート」は、地元の高齢者の意見を取り入れたもの。立ち座りを容易にするため座席の高さを上げるなどの工夫が凝らされている。また、座席下部に大型の荷物が収納でき、背の低い人や高齢者など、荷棚が使いにくい人でも手軽に利用することができる。「ユニバーサルデザインシート」は、先頭車以外の優先席・一般席に導入されており、ベビーカー・車椅子用のフリースペースは全ての車両に設置されている。

その他の車内設備
 座席端部には、荷棚まで届く強化ガラス製の仕切り板を採用。また、身だしなみがチェックできる鏡の設置、にぎりやすさにこだわった楕円形のつり革、「紫外線カット熱線吸収合わせガラス」の採用、全車両でWi-Fiを提供するなどの配慮がなされている。

→ 次ページ:
さらに相鉄線初導入のあれこれを紹介!

メルマガ登録はこちら