JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/10/06

下北沢で全128店舗がオリジナルカレーを出品!「下北沢カレーフェスティバル2018」でカレーを堪能しよう!

 株式会社アイラブ(東京都世田谷区)と下北沢商店連合会は、10月5日から10月14日までの 10日間、下北沢にある128店舗のオリジナルカレーが楽しめる「下北沢カレーフェスティバル2018」を開催する。

下北沢カレーフェスティバルとは

181004-20-1.jpg

「下北沢カレーフェスティバル2018」開催ポスター。

 「下北沢カレーフェスティバル」は、個性豊かなカレー店が多数集まっているカレーの街「下北沢」で開催される大人気のカレーイベント。昨年は、のべ12万人を動員し、これまでに、推定30万食を超えるカレーを提供してきた。

 7回目となる今年は、「It's a CURRY LAND」と題しカレーのみならず下北沢を思う存分楽めるコンテンツを用意している。

 スタンプラリー、ミスカレーコンテスト、小田急線跡地広場の屋外飲食エリア「ぱくぱくパーク」でのダンス、音楽ライブ、演劇など子どもから大人まで楽しめるコンテンツが盛りだくさんだ。

181004-20-2.jpg

駅前で配られるカレーマップを見ながら、カレー食べ歩きをする。

 毎年恒例のスタンプラリーでは、例年、カレーを食べてスタンプを集めるしかなかった。しかし今年は、参加店舗と受付に仕掛けられた謎解きに正解することでもスタンプがもらえるため、例年よりも、人気のオリジナルTシャツなど限定グッズが手に入りやすくなっているそうだ。

オススメカレーはこちら!

 同フェスの面白いところは、普段カレーを扱っていない店舗でも参加できるところ。参加条件は、「カレーを使ったメニュー」だけなので、一般的なカレーライスに限らず、カレー蕎麦、カレー餃子、カレーポテト、カレーバーガーなども出品される。さらには、カレークリームソーダ、カレー燻製というような、聞いたことがないメニューもあり、なんとライスを使っていないメニューが20品以上もあるそうだ。

 そんな下北沢カレーフェスティバル参加店の中から、オススメのカレーを紹介する。

1. Bullseye「焼肉屋の極み☆タンカレー」

181004-20-3.jpg

焼き肉屋「Bullseye」の「焼肉屋の極み☆タンカレー」1450円。

 有名グルメタレント「石ちゃん(石塚英彦さん)」も食べた舌品(絶品)カレー!じっくり煮込んだ牛タンは、口の中でホロホロにほどけるほどの柔らかさ。またBullseyeで人気の厚切り上タンを加えて「究極のタンカレー」に仕上がっている。

2. 般°若(パンニャ)「パンニャのビリヤニ、サバマサラ添え」

181004-20-4.jpg

人気カレー店「般°若」の「パンニャのビリヤニ、サバマサラ添え」1280円。

 雑誌のカレー特集などに引っ張りだこの人気カレー店「般°若」。インドのスパイシーな炊き込みご飯「ビリヤニ」に「サバマサラカレー」を添えた一品。スリランカのスパイスの香りにより、個性的ながらクセになる味わいのカレー。

181004-20-5.jpg

見た目も色とりどりで個性的なカレーが128種類ある。

 紹介したカレー以外にも、野菜たっぷりスープカレー、麻婆カレーなど、個性豊かなカレーが128種類。まるでカレーのテーマパークである。

→ 次ページ:
懐かしのカレーパンも復活!!

メルマガ登録はこちら