ニュース・プラス テニスプレーヤー大坂なおみ選手の愛車はGT-R? 日産ブランドアンバサダーに就任

2018年09月18日 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 伊東 真一

18091451-01.jpg

 日産は9月13日、今月開催されたグランドスラムで日本人初の女子シングルス優勝を果たしたプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手(写真上)が、日産ブランドアンバサダーに就任したと発表した。

 大坂選手は、若干20歳の若さながら世界で活躍するプロテニスプレイヤー。豪快でパワー溢れるグラウンドストロークや強力なサーブを武器に、全米オープンではトップ選手に次々と勝ち優勝、世界ランキングを自己最高の7位とした。

18091451-02.jpg

 日産では同日、神奈川県横浜市の本社で大坂選手のブランドアンバサダー就任発表会を開催。大坂選手に今回の快挙を記念してリーフ(写真上)が贈られた。

18091451-03.jpg

 ここでは大坂選手と日産の星野朝子専務執行役員(写真上左)とのトークショーも行われた。星野専務に「日産にはミニバン"セレナ"があるの知っていますか? "なおみ"も作りましょうか」と、今回の決勝での対戦相手セリーナ・ウィリアムズ選手を引き合いに出す一幕も。大坂選手は「父が日産の「クエスト」に長い間乗っていました。だから小さいころの思い出は日産なんです」と語り、日産で一番好きな車を尋ねられると「白のGT-R。速いから好き」と即答。星野専務は「分かりました。差し上げましょう! でも気をつけて、GT-Rはモンスターですから」とサプライズで応えた。その後大坂選手は、ウインブルドンで優勝するのが夢だったとする星野専務とミニラリーを披露、訪れた報道陣を沸かせていた(写真下)。

18091451-04.jpg

 日産では、EVや自動運転でチャレンジしていく同社の姿勢と大坂選手のチャレンジ精神が共通点だとして今回のアンバサダーの就任を要請した。今後大坂選手は、アンバサダーとして日産のグローバルな広告宣伝活動やイベントに登場する予定だ。日産は大会遠征先で同社車両によるサポートを実施するとしている。