JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/09/01

「ポーランドから走ってきたよ!」
リーフで大陸横断1万6000km、東京へ。
極地探検家を支えたリーフの実力とは

18083151-01.jpg

 日産は8月30日、ポーランドの探検家マレック・カミンスキ氏(写真上)が、100%EVの「リーフ」でポーランドから日本への大陸横断プロジェクトを達成したと発表した。

18083151-02.jpg

 南北両極の制覇経験があるカミンスキ氏は、ポーランドのザコパネを出発しリトアニア、ベラルーシ、ロシア、モンゴル、中国、韓国を経て東京に至る1万6000kmを60日間かけて走破した。この間、一度の故障も電気切れもなかったという。

 「No Trace Expedition(痕跡を残さない冒険)」と名づけられたこのプロジェクトは、カミンスキ氏が以前、南極と北極を探検したときに思いついた。「極地に立った時、自分の足跡しかなく汚染されていない透き通った真っ白な世界を目の当たりにしました。その時に、生態系への影響を最小限に抑えた旅行計画のアイディアが浮かんだのです」。

18083151-08.jpg

 カミンスキ氏がその旅のパートナーにリーフを選んだのは、ゼロ・エミッション車のなかで最も販売台数が多く、その台数こそが車の信頼性の高さを物語っているから、という理由だった。このリーフだが、カミンスキ氏は長い旅を可能にするため車に工夫を凝らした。ラゲッジとたたんだリアシート上にベッドを設え、多数のライトやコンセントを用意した。「必要な物はすべて揃っていたので、一日中車から出なくても運転することができた」という。

→ 次ページ:
気になる充電はどうやって?

メルマガ登録はこちら