ニュース・プラス スーパーフォーミュラ、ダラーラ製の新型マシン「SF19」がカッコイイ! 2019年暫定スケジュールも発表

2018年08月23日 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

np180822-01-01.jpg

スーパーフォーミュラの2019シーズンからレースに投入される新型マシン「SF19」。メーカーテスト車両で、ホンダエンジン搭載の11号車。

 ワンメイクのオープンホイール・シングルシーターの専用マシンに乗って、日本最速が誰かを決める国内最高峰のレースが、全日本スーパーフォーミュラ選手権だ。2019シーズンは、イタリアが誇る世界屈指のコンストラクターであるダラーラ・アウトモビリが開発した新型マシン「SF19(えすえふいちきゅう)」がデビューする年であり、大いに期待されている。

 ここでは、JAFスポーツ編集部の協力を得て「SF19」を紹介するとともに、8月18日に発表された2019シーズンの暫定カレンダーも掲載する。

「SF19」はどんなレーシングカー?

np180822-01-07.jpg

現行マシン「SF14」。8月18・19日にツインリンクもてぎで開催された2018シーズンの第5戦で、ポールトゥウィンを飾った、1号車の石浦宏明選手(ジェームス ピーエムユーセルモインギング)。17シーズン王者の今季初勝利。

 「SF19」は、「Quick&Light(クイック&ライト)」コンセプトを掲げた現行シャシーの「SF14(えすえふいちよん)」の発展型で、デザイン面では部分的に踏襲しているほか、コストマネジメントの高効率化ということで、SF14のパーツの多くを流用できるようにも設計された。

 大きく構造的に変化した点は、最新のFIA(国際自動車連盟)の安全基準2016年版を採用したこと。例えば、側突した際にノーズ先端が相手車両のコックピットに突き刺さらないよう、下げられたりした。

 また、F1で導入されている、むき出しのドライバーを障害物などとの衝突から保護するためのデバイス「ヘイロー(HALO)」も装着可能だ(装着しなくてもレース可能な認証を得ている)。そのため、今回掲載した画像はすべてヘイローを装着したものとなっている。

np180822-01-03.jpg

2台あるメーカーテスト車両のうちの、トヨタエンジン搭載車「00号車」。

→ 次ページ:
グリップ力を上げるためにフロントタイヤの幅を増加