JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/15

【オートモビルカウンシル2018】
マツダはハッチバックの系譜、スバルはAWDの歴史、そしてアストンマーティンとアルピーヌも!

 8月3日から5日にかけて開催された、国産の旧車や往年のスーパーカーなどのヒストリックカーを扱う展示会オートモビルカウンシル2018。それらを手がける販売店が32社集まり、約100台が展示された。

 国内メーカーとしては、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルが出展(トヨタ、日産、ホンダに関しての記事はこちら)。また海外メーカーとしてはアストンマーティンジャパンが出展し、アルピーヌジャポンも特別展示を行った。

 ここでは、マツダ、スバル、アストンマーティン、アルピーヌを取り上げる。

コンパクト・ハッチバックの歴史を展示したマツダ

np180808-01-01.jpg

1980(昭和55)年登場のマツダの5代目「ファミリア 1500XG」は、量産開始から27か月で100万台の生産台数を達成した。それは当時の世界最短記録であり、この大ヒットによって「ファミリア」の名は世間に一気に浸透した。車両型式:BD1051型。全長×全幅×全高:3955×1630×1375mm、ホイールベース:2365mm。トレッド(前/後):1390/1395mm。車重:820kg。エンジン型式:E5型、エンジン種類:水冷直列4気筒OHC、排気量1490cc、最高出力:85ps/5500rpm、最大トルク:12.3kg・m/3500rpm。サスペンション:前後共にストラット。

 マツダが選んだ今年のテーマは「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」。マツダが初めて小型ハッチバックを発売したのは1977(昭和52)年のことで、3代目から大きくイメージを変えた4代目「ファミリア」からだった。それ以降、マツダは常にハッチバックを販売し続け、現行車種としては2013年から発売している「アクセラスポーツ」がある。

 そうした中から今回は、1980(昭和55)年登場の5代目「ファミリア」や2006(平成18)年登場の「マツダスピードアクセラ」など、4車種を展示。そして、その連綿と受け継がれてきたマツダの思想を受け継ぐ最新のコンセプトモデルとして、2017年に発表された「魅(カイ) CONCEPT」も展示した。

np180808-01-02.jpg

国産初のフルタイム4WDシステムを搭載した、1985(昭和60)年発売の6代目「ファミリア フルタイム4WD」の欧州仕様「323 4WD 1600」をベースにしたラリーカー。WRC世界ラリー選手権で活躍した。展示車両は1989(平成元)年式。車両型式:BFMR。全長×全幅×全高:3990×1645×1355mm、ホイールベース:2400mm、トレッド(前/後):1400(1405)/1425mm。車重:1070~1110kg。エンジン型式:B6型、エンジン種類:水冷直列4気筒DOHCターボ、排気量:2759cc、最高出力:250ps/6000rpm、最大トルク:30.0kg・m/5000rpm。排気量、最高出力、最大トルクはラリーカーのもの。サスペンション:前後共にストラット。

np180808-01-03.jpg

「ランティス タイプR」1993(平成5)年式。一見すると4ドアクーペだが、マツダとしてはハッチバックの位置付けとしている。この「タイプR」は走りを追求したグレードで、2000ccのV6エンジンが搭載され、ボディ剛性も高められたことが特徴だった。車両型式:CBAEP。全長×全幅×全高4245×1695×1355mm、ホイールベース:2605mm、トレッド:前後共に1465mm。車重:1200~1260kg。エンジン型式:KF-ZE型、エンジン種類:水冷V型6気筒DOHC、排気量1995cc、最高出力:170ps/7000rpm、最大トルク:18.3kg・m/5500rpm。サスペンション:前後共にストラット。

np180808-01-04.jpg

9代目で終了となった「ファミリア」の後継モデルとして、2003(平成15)年に登場したのが、初代「アクセラ」だ。それをベースに、現在は存在しないマツダのモータースポーツ部門マツダスピードで手がけたのが、2006(平成18)年式に登場した「マツダスピードアクセラ」だ。ハッチバックの中でも走りを追求した「ホットハッチ」を目指して開発され、エンジンは排気量が2260ccで264馬力を絞り出した。車両型式:BK-3P全長×全幅×全高:4435×1765×1465mm、ホイールベース:2640mm、トレッド(前/後):1535/1525mm。車重:1665kg。エンジン型式:L3-VDT型、エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC、排気量2260cc、最高出力:264ps/5500rpm、最大トルク:38.7kg・m/3000rpm。サスペンション(前/後):マクファーソンストラット/マルチリンク。

np180808-01-05.jpg

「魅CONCEPT」2017年第45回東京モーターショーにて発表。次の「アクセラスポーツ」のコンセプトカーといわれている。パワートレインには、ディーゼルエンジンの長所も取り込んだ次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載し、次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用する予定。このコンセプトデザインのままでは安全性の面で法規的にクリアできないことから、市販化の際にはもっと滑らかで突起物のないデザインになるそうである。詳細なスペックは未公表。

→ 次ページ:
スバルのAWDはこのクルマから始まった!

メルマガ登録はこちら