JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/10

【ジャパンEVラリー白馬2018】
EV、PHEV、FCVに乗ってくれば誰でも参加可能! 今年は9月1日・2日に開催、長野・白馬に集まれ!!


np180810-01-00.jpg

ジャパンEVラリー白馬2018の公式ロゴ。公式サイトより。

 一般社団法人日本EVクラブ主催(白馬EVクラブ共催)で毎年開催されている、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)の普及を応援するイベント「ジャパンEVラリー白馬」。5回目となる2018年は9月1日(土)・2日(日)に開催される。会場は例年通り長野県白馬村だ。

 ラリーというと、未舗装路や雪道などを信じられないような速度でドリフトしながら激走してタイムを競うモータースポーツというイメージが強い。しかし、ジャパンEVラリー白馬の場合はそれとは違って、誰でも参加して楽しめるイベントだ。

ジャパンEVラリー白馬は離合集散の方の「ラリー」

 本来、ラリー(rally)という言葉には「(各地から各地へ)集合離散する」といった意味合いがあるのだが、そのスタイルで行われるのが「ジャパンEVラリー白馬」だ(昨年の様子はこちら)。

 スタート地点は全国各地(海外でもOK)、ゴールは長野県白馬村の山岳リゾート施設の白馬東急ホテル。1日の11時から14時までの間にゴールすればよく、特にスタートの時間は設定されていない。15時から16時30分までシンポジウム「災害時におけるEVの給電機能について考える」(仮)が行われるので、遅くてもそれに間に合うようゴールしよう。

np180810-01-01.jpg

ジャパンEVラリー白馬2017の2日目の朝、パレードランのためにHakuba47ウィンタースポーツパーク前に集結したEVやPHV。山並みの緑と青空が非常に美しい。

→ 次ページ:
参加条件は? そして村男III世とは!?

メルマガ登録はこちら