JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/10

とことん語れる相棒を我が家に!
ガンダムに登場した「ハロ」がAIコミュニケーションロボットとして登場。


180810_10.jpg

ガンダムの主人公、アムロの相棒「ハロ」が我が家にやってくる?!

 株式会社バンダイがAI(人工知能)を利用し、マニアックなコミュニケーションロボットを発表した。その名も「ガンシェルジュ ハロ」。最大の特徴は、アニメ「機動戦士ガンダム」に関する会話を楽しむために特化したアイテムであること。ガンダムについて語り合ったり、ドラマの中の名セリフを再現してくれたりと、ガンダム好きにはたまらないと話題を呼んでいる。

AI技術が結集された「ガンシェルジュ ハロ」って何?

 人気テレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するマスコットロボット「ハロ」。「ハロがもし現代に存在していたら」をテーマにしたAIコミュニケーションロボットが「ガンシェルジュ ハロ」だ。「ガンシェルジュ」とは、"ガンダム"と"コンシェルジュ"の造語。バンダイが企画・販売を行い、日本アイ・ビー・エム株式会社がガンダムに特化した会話システムを構築。ハロ本体の機構、回路設計と生産はVAIO(バイオ)株式会社が行っている。

 「ガンシェルジュ ハロ」は、ユーザーの発した言葉を音声認識し、AIで意味と意図を分析。アニメと同じ「ハロ」の声で、データベースから最適な回答をする。ここまでは、一般的なAIコミュニケーションロボットの機能だが「ガンシェルジュ ハロ」が一味違うのは、1979年に放送されたテレビアニメ『機動戦士ガンダム』(全43話)についての情報が網羅されている点。これによって、ガンダムの基本から踏み込んだ内容まで、作品にまつわるさまざまな会話を存分に楽しむことができるのだ。会話には、キャラクターの名セリフや忘れられないシーンなども登場し、話せば話すほど深い知識や話題を楽しめるとのこと。さらにユーザーとの会話内容を分析し、好みの話題で延々と話し続けることができるというのも大きな魅力だ。

180810_13.jpg

上記はいくつかの会話例だが、会話内容を分析して最適な話題をカスタマイズすることもできる。

→ 次ページ:
キュートな動きにも注目!

メルマガ登録はこちら