JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/10

あなたのドライブレコーダー、
しっかり録画できていますか?
SDカードの不具合にご用心。

 独立行政法人国民生活センターは8月2日、ドライブレコーダーの使用実態とSDカードのメンテナンスに関する注意喚起を発表した。

肝心の映像が記録できていないケースが増えている?

 自動車のフロントガラスなどに取り付け、運転時の映像を録画することができるドライブレコーダー。万が一の事故の際には当事者の証言が異なることも多いのだが、ドライブレコーダーの記録があれば、どちらが正しいかが判断しやすいため、マイカーへの普及が急速に伸びている。国内出荷台数も2016年度は約140万台であったのに対し、2017年度には約260万台とほぼ倍増した(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会調べ)。

 国民生活センターによると、出荷台数の増加に伴って、ドライブレコーダーに関する問い合わせも増えているとのこと。全国の消費生活センターに寄せられた問い合わせが管理されているPIO-NET(パイオネット)には、ドライブレコーダーに関する相談が2013年度以降444件、そのうち「映像が残っていなかった」など記録に関する相談は88件寄せられており、年々増加している傾向にある。

180803_10.png

あなたのドライブレコーダー、録画データがしっかり残っていますか?

 ここで、PIO-NETに実際に寄せられた具体的な事例をいくつか紹介する。

【事例1】
当て逃げ事故に遭い、警察からドライブレコーダーの映像提供を求められたが、5か月前から作動しておらず事故当時の映像が録画されていなかった。

【事例2】
ドライブレコーダーは普通に作動していると思い、運転を続けていた。交通事故に遭い事故の様子を確認しようとしたが、ドライブレコーダーには何も映っていないことがわかった。

【事例3】
10か月前にドライブレコーダーを購入した。事故時の映像を確認しようとしたら、取り付け後2週間分の映像しか残っていなかった。

 これらの事例は、映像の記録媒体であるSDカードに異常があったことも原因のひとつであるといわれており、国民生活センターにも「SDカードの異常によって映像が記録できていない」というテスト依頼が寄せられたことから、さらに調査を進めたところ「SDカードの正しい使い方が浸透していない」という問題点が見えてきたという。

→ 次ページ:
SDカードにはメンテナンスが必要?

メルマガ登録はこちら

関係がありそうな記事