JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/10

【オートモビルカウンシル2018】
「コロナ」、「MID4」、「レジェンド」!トヨタ・日産・ホンダの過去と今、そして未来

 8月3日から5日にかけて開催された、国産の旧車や往年のスーパーカーなどのヒストリックカーを扱う展示会オートモビルカウンシル2018。それらを手がける販売店が32社集まり、約100台が展示された。

 国内メーカーとしては、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルが出展。 また海外メーカーとしてはアストンマーティンジャパンが出展し、アルピーヌジャポンも特別展示を行った。

 まずは、トヨタ、日産、ホンダの国内ビッグ3の展示から紹介する。

1960年代を題材にしたトヨタ

 トヨタは「元気!! ニッポン 1960s!」をテーマに、かつての谷田部自動車高速試験場で複数の国際新記録(当時)を樹立した「2000GT スピードトライアル」(「2000GT」の記事はこちら)や、トヨタ初のプロトタイプレーシングカー「トヨタ7」(記事はこちら)など、トヨタ博物館が所蔵する高度成長期のクルマたちを展示した。

 当サイト初登場となるのは、3代目となる「トヨペット コロナ」。トヨタにとってこの3代目「コロナ」は、国内においては初のミリオンセラーを達成した金字塔の1台。同時に、1950年代に一度挫折した米国への再進出に成功した、いってみればトヨタが今日における世界屈指の自動車メーカーとなる第一歩となった1台でもある。

np180807-01-01.jpg

3代目「トヨペット コロナ・デラックス」1964年式。車両型式:RT40-D(RT40-DC)。全長×全幅×全高:4110×1550×1420mm、ホイールベース:2420mm、トレッド:前後共に1270mm。車重:945kg。エンジン型式:R型、エンジン種類:水冷直列4気筒OHV、排気量1490cc、最高出力:70ps/5000rpm、最大トルク:11.5kg・m/2600rpm、サスペンション(前/後):独立懸架コイルバネ/半だ円非対称板バネ。

 また、トヨタは2020年の東京オリンピック・パラリンピックで大会公式車両として3000台以上を提供することを発表しているが(記事はこちら)、オリンピックのロゴなどが入った燃料電池車「MIRAI」(記事はこちら)を展示すると同時に、前回の東京オリンピック・パラリンピックで聖火搬送車両として使用された日産「セドリックスペシャル」をメーカーの垣根を越えて展示した。

np180807-01-02.jpg

日産「セドリックスペシャル」の1964年の東京オリンピック・パラリンピック時の聖火搬送車。1964年式。車両型式:50型。全長×全幅×全高:4855×1690×1495mm、ホイールベース:2835mm、トレッド(前/後):1354/1373mm。車重:1400kg。エンジン型式:K型、エンジン種類:水冷直列6気筒OHV、排気量2825cc、最高出力:115ps/4400rpm、最大トルク:21.0kg・m/2400rpm。サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/縦置きリーフ。

→ 次ページ:
次は日産ブースの展示車両!

メルマガ登録はこちら