JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/05

フェラーリ、トミカに26年ぶりの復活!! 第1弾は「ラフェラーリ」、そして大人向けトミカプレミアムには80年代のあの名車も!!


np180802-01-01b.png

26年ぶりにフェラーリがトミカのラインナップに! 第1弾は世界限定499台で生産された「ラフェラーリ」だ。

 1970年、日本初の手のひらサイズのダイキャスト製ミニカーとしてトミー(現・タカラトミー)から発売された「トミカ」。2018年7月現在、累計1000車種以上が発売され、累計販売台数は6億4000万台超。親子3代にわたって親しまれてきた日本を代表するミニカーシリーズだ。

 トミカでは、軽自動車からスーパーカーまで、また働くクルマや、人気作品とコラボレーションした劇中車やオリジナルモデルなど、実に多種多様なクルマがラインナップされてきた。しかし、ここ何年も見かけていなかったクルマがある。フェラーリのスーパーカーたちだ。

 それがこの夏、26年ぶりに大復活! 第1弾として発売されるのが、世界限定499台(後に1台追加)として2015年前後に生産されたスペシャルモデルの「ラフェラーリ」(トミカNo.62)だ。通常モデルのカラーリングはフェラーリでお馴染みのレッドだが、初回特別仕様としてブラックも用意。8月18日発売で、価格は450円(税別)。

np180802-01-02b.png

初回特別仕様の「ラフェラーリ」のブラックバージョン。

 「ラフェラーリ」は通常のトミカとしてはレアなつくりになっており、ほかのトミカなら塗装で表現されているヘッドランプにクリアパーツを採用。このヘッドランプとボディの際(きわ)は、これまでにないという細かいディテールが特徴だ。さらに、テールライトにも別パーツが採用されている。

np180802-01-06.png

通常のトミカの場合、ヘッドランプは塗装で表現されているが、「ラフェラーリ」はクリアパーツを採用している。

→ 次ページ:
トミカプレミアムには80年代のあの名車が登場!

メルマガ登録はこちら