JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/02

2018お盆シーズン渋滞回避大作戦! 延長30km以上の大型渋滞に巻き込まれないためのテクニック【下り編】

np180801-01-00.png

 大都市圏から各地へ帰省や旅行をする人が増えるため、どうしても高速道路での大型渋滞が発生しやすいお盆シーズン。前半の8月10日(金)から13日(月)まではこちら、翌14日(火)から19日(日)まではこちらで渋滞予測情報を紹介した。それにしても、これらの渋滞を回避する方法はないものか?

 ここでは、渋滞がなぜ発生するのかといった解説を含め、いくつかの渋滞を例に取り、その回避術を紹介する。まずは下りの渋滞を取り上げた。上りの渋滞回避に関してはこちら

【下り編】インデックス

●E20中央(11~13・18日)
 高井戸IC⇒相模湖IC(延長約45km・通過約2時間15分)
●E17関越(11・13日)
 大泉JCT⇒嵐山小川IC(延長約35~約40km・通過約1時間10~20分)
●E3九州(11・13日)
 古賀IC⇒鳥栖JCT(延長約30km・通過約1時間30分)
渋滞を招くサグとは?
全国の高速道の下りで10km以上の渋滞が発生する回数について

【上り編】インデックス

E1東名(10・13~19日)
 大井松田IC⇒横浜町田IC(延長30~35km・通過に約1時間15分)
E1名神(11~13日)
 茨木IC⇒大津IC(延長30~35km・通過に約2時間~2時間20分)
E28神戸淡路鳴門(14・15日)
 津名一宮IC⇒垂水JCT(延長30~35km・通過に約1時間30~45分)
全国の高速道の下りで10km以上の渋滞が発生する回数について

メルマガ登録はこちら