JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/08/04

【東京キャンピングカーショー2018】
日産「NV350 キャラバン グランピングカー」&ホンダ「N-VAN」軽キャンパー仕様に迫る

 いつかはキャンピングカーがほしい、という人も結構いるのではないだろうか。この時期に開催される国内でも有数の出展台数を誇る展示会が、東京キャンピングカーショー2018だ。今年は7月21日・22日に開催された。

 現在、国内のキャンピングカー市場で、ここ数年目立つようになってきたのが、ソーラー発電システムの発電量の増大やバッテリーの大容量化が可能にした、多数の家電を搭載した豪華な「グランピング」と呼ばれるスタイル。そしてもうひとつがもはや定番といっていいコンパクト路線、軽自動車ベースの軽キャンパーだ。

 日産「NV350 キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカー」(グランピングカー)は、2017年2月のジャパンキャンピングカーショーで初めて出展され、グランピング路線のベース車両として開発が進められてきた。今回の展示会で10月の発売が正式にアナウンスされた。

 そして軽キャンパー路線の提案をしたのが、ホンダアクセス。ホンダが7月12日に発売したばかりの商用軽自動車「N-VAN」をベースに、純正アクセサリー類を装備するだけで軽キャンパーに変身できる1台だ。

10月発売決定! 日産「NV350 キャラバン グランピングカー」

np180731-02-01.jpg

日産がキャンピングカーの架装ビルダー向けに10月から発売を開始する、「NV350 キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカー」をベースにした、日産ピーズフィールドクラフトの「NV350 キャラバン G-LIB」。

 現在、キャンピングカーのベース車両として、多くのビルダーや一般ユーザーから期待されているのが、日産の「グランピングカー」だ。ワンボックスカー「NV350 キャラバン」をベースとしており、「リーフ」などで培ったEV技術を用いて開発したリチウムイオンバッテリーシステムを搭載しているのが特徴だ。

 市販はされない予定で、キャンピングカーの架装ビルダー向けに販売される。そして各ビルダーが自分たちのコンセプトのもとにキャンピングカーとして完成させて販売するのである。

np180731-02-02.jpg

日産ピーズフィールドクラフトの「NV350 キャラバン G-LIB」の車内。豪華な雰囲気が特徴。

→ 次ページ:
いくつも家電を搭載してもバッテリーが切れない頼もしさ!

メルマガ登録はこちら