JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/07/13

国交省による2017年度河川水質調査で「水質が最も良好な河川」となったのはこの16本。12年連続で評価されたあの有名河川も!


NP180709-01-01.jpg

日本には数多く美しい河川があるが、2017年の調査で、水質の汚濁・汚染状況が低いとして発表された一級河川は163本中の16本。(画像はイメージであり、水質が最も良好な河川16本のうちの1本ではありません)

 7月7日の「川の日」に合わせ、国土交通省水管理・国土保全局が毎年発表しているのが、全国一級河川の水質調査だ。国交省は、高度経済成長時代に工場排水や生活排水などによる河川の水質汚濁・汚染が顕在化してきたことから、1971(昭和46)年より本格的な水質調査の取りまとめを開始。そしてこの度、2017年度の水質調査結果がまとめられ、全国16本の河川が「水質が最も良好な河川」として6日に発表された。

 国交省が水質調査を始めた1971年当時は、環境問題が顕在化してきていた時期。当時、全国の河川において、水質の汚れを表す指標のBODの平均値は5.0mg/Lを超え、一級河川の全調査地点の27%において、水質改善が急務だったという。

 BOD(Biochemical oxygen demand)とは「生物化学的酸素要求量」といい、河川の汚れを表すのに一般的に使われる指標で、この値が大きくなるほど、汚濁が進んでいることを表す。水中の汚濁物質(有機物)を微生物が分解したときに消費した酸素量のことで、酸素の消費量が増えていくと、その水域の溶存酸素量がなくなっていくため、そこには魚類などが棲めなくなってしまう。

 このように汚濁・汚染が進んでいた日本の河川だが、その後、排水規制、下水道整備、河川浄化事業などが推進され、また住民が参加するクリーン活動なども活発に行われるようにもなり、徐々に改善。

 例えば、東京都と神奈川県の間を流れる多摩川は昭和40年代当時は洗剤の泡が浮くほど水質が悪化していたが、昭和50年代後半にはアユの遡上が確認されるほどになった(BODが3.0mg/L以下になると、サケやアユが生息できるとされる)。さらに近年では、清流として名高い高知県の四万十川(しまんとがわ)の水質に迫るほどだという。

 このように、水質が改善し続けているのが日本の河川の現状だ。ただし、都市部を流れる河川はまだまだ水質改善が必要な状況である。

NP180709-01-02.jpg

多摩川の景観。行政による河川浄化事業から、住民が参加するクリーン作戦まで、官民によるさまざまな取り組みが結実し、近年では高知・四万十川の水質に迫るほどの良好さを取り戻し、アユの遡上も見られるようになった。

→ 次ページ:
2017年の最も水質がいい河川はどれだ!?

メルマガ登録はこちら