JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/07/11

鳥取県「水木しげるロード」がリニューアル! 妖怪が24体増殖して全177体でお出迎え!!

np180706-01-01.jpg

境港駅前公園に新設された鬼太郎と目玉おやじの妖怪ブロンズ像。ブロンズ像はマンガのキャラクターたちをそのまま見事に立体化している。

 元祖・妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる(1922-2015)さんは鳥取県名誉市民であり、境港市の出身だ。同市には妖怪をテーマにした「水木しげる記念館」(JAF会員優待施設)があり、同館と最寄り駅のJR境港駅(通称:鬼太郎駅)を結ぶ約800mの通りが「水木しげるロード」である。今年で25周年となる「水木しげるロード」は2017年1月から長い工事に入っていたが、いよいよこの7月14日10時30分にリニューアルオープンとなる。

 今では年間200万人が訪問する、鳥取県を代表する観光スポットである「水木しげるロード」。今回のリニューアルテーマは「すべての人に優しく、誰もが楽しめる道づくり」として、将来にわたって賑わいを継続させることを目的に実施された。

np180706-01-02.jpg

リニューアル後の「水木しげるロード」のイメージ。リニューアルオープン当日の7月14日には、妖怪たちが参加する記念パレードも実施される。左にいる猫娘(赤い服)や右端の砂かけ婆など、鬼太郎の脇を固める仲間の妖怪たちも参加するものと思われる。

→ 次ページ:
妖怪が増殖! 増殖率15.7%!!

メルマガ登録はこちら