JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/07/02

外環・千葉区間の開通は効果大! 首都高や松戸市・市川市の交通は実際にどう変化した!?


np180627-01-00.jpg

 2018年6月2日に開通した、東京外かく環状道路・千葉区間(埼玉県三郷市・三郷南IC~千葉県市川市・高谷JCT)。国土交通省とNEXCO東日本、首都高の3者が共同で開通1週間後の利用状況についての速報を発表したので、開通によってどれだけ便利になったのか、どれだけ松戸市および市川市内の交通状況に変化があったのかを見てみる。

 これまで外環・千葉区間に関しては、概要編、景観編(前編後編)、導入された技術の解説編、そしてJCTなどを空撮した航空写真編も公開してきたので、併せてご覧いただきたい。 

外環・千葉区間(高速)の利用とその効果

 外環といえば一般的には高速道がイメージされるが、厳密には高速道に加え、同時に開通した国道298号の両方を合わせて「東京外かく環状道路」という。国道298号開通による松戸市~市川市の交通量の変化に関しては後ほど述べるとして、まずは高速道による効果についてだ。

 高速道の交通量は、事前に1日に3万2500~4万6100台と予測されていた。開通後の実測では、市川中央ICから京葉JCT間(1)が予測上限に近い4万4500台。市川南IC~高谷JCT間(2)は大きく減って1万9300台だ。

 これは、埼玉方面から外環を通ってきて千葉へ向かう場合、高谷JCTでE51東関道に乗り換えるよりも、京葉JCTでE14京葉道路に乗り換える方が合理的だからだ(京葉道路と東関道は千葉市の宮野木JCTで合流するため、その先へ向かう場合は高谷JCTから東関道を利用するメリットはあまりない)。その逆の、千葉から外環で埼玉方面へ向かいたい場合も同様である。

 外環で高谷JCTまで行くケースは、その多くが首都高のB湾岸線に乗り換え、江東区有明方面、さらには横浜方面へ向かうクルマではないかと考えられる。

np180627-01-01c.png

外環・千葉区間(三郷南IC~高谷JCT)の概略マップ。この区間のICはすべてハーフインターで、松戸と市川中央は外回りに入口で、内回りに出口。市川北と市川南はその逆で、外回りに出口で、内回りに入口。青文字の(1)の市川中央IC~京葉JCT間の1日の交通量が、4万4500台。(2)の区間の市川南ICから高谷JCTは1万9300台で、半分以下と一気に交通量が減っている。

→ 次ページ:
どれだけ早く移動できるようになった?

メルマガ登録はこちら