JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/27

なぜ?近年、中国車がグッと
カッコよくなった3つの理由

18062211_01.png

WEY VV7
WEYは長城汽車の高級車ブランド。中国におけるレクサスを目指しており、昨年のオート上海と同様に、北京モーターショー2018でも外国人モデルを積極的に起用。洗練された雰囲気で多くの来場者を集めていた。

中国車の劇的ビフォーアフター!?

 筆者は昨年初めて中国の自動車ショー(オート上海)に出向き、中国車の進化を目の当たりにしたことで、それまで抱いていたイメージが大きく変わった。とはいえ、昨年のオート上海では、ポルシェ・マカンやレンジローバー、マツダCX-3などに激似の車が出展されていたのも事実。

180625-001.png

昨年の上海モーターショーに出品されていた、レンジローバー激似のLANDWIND

180625-002.png

ポルシェ・マカン激似のゾタイ・SR-9

 だが、今年の北京モーターショーでは、中国車はさらに進化していた。上の写真のような、既存車種にデザインが激似のいわゆる「パクリ車」がほぼ姿を消していたのだ。

近ごろ、中国車がカッコいい!

 今年開催された北京モーターショー(4月29日から5月4日までが一般公開)では、純粋な中国メーカーの車がとにかくカッコよく見えた。いずれも中国ならではのオリエンタルなテイストを残しつつも、洗練されたボディシルエットが印象的だった。そこで今回は、中国車が俄然カッコよくなった3つの理由について考察してみたい。

→ 次ページ:
なぜ、中国車はカッコよくなったのか?

メルマガ登録はこちら