JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/19

【JNCAP2017】
衝突安全・前期後期全15台の得点は? 歴代2位の高得点車も登場!

np180607-01-01.jpg

衝突安全の評価試験は、実車を3台もクラッシュさせる、クルマが好きな人間からしたら目を覆いたくなるようなテストである。画像は、トヨタ「ルーミー」の側面衝突試験の様子。運転席に座らされているダミーに複数のセンサーが取り付けられており、衝突時にドライバーにかかる各部の加速度などを計測し、衝突安全性能を評価する。画像提供:NASVA

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年2回、前期と後期に分けて発表している、「自動車アセスメント(JNCAP)」。2017(平成29)年の後期の評価結果の発表が5月31日に行われた。それによると、「予防安全性能評価試験」(予防安全)を受けた車種が全20車種、「衝突安全性能評価試験」(衝突安全)を受けた車種が全15車種となった。

 ここでは、実際に衝突してしまった際にどれだけ乗員や歩行者などを守れるかを扱う衝突安全について、15車種を得点順にランキングにして紹介する(予防安全に関するランキング記事はこちら)。

2017年の衝突安全の試験内容3項目について

 衝突安全で行われる評価試験は、「歩行者保護性能評価」(100点満点)、「乗員保護性能評価」(100点満点)、「シートベルトの着用警報装置」(8点満点)の大別して3種類があり、合計208点満点で評価される。

 歩行者保護性能評価は、人の頭部および脚部を模したダミーを車体のしかるべき部分にぶつけて衝撃度合いを計測して点数化。乗員保護性能評価は、ダミー人形を搭乗させたクルマを実際に衝突させ、乗員が受ける衝撃度合いを計測して点数化。シートベルトの着用警報装置は、運転席以外のシートベルトの着用を促すために行われているもので、警報の種類やタイミング、表示位置などを評価して点数化している。

衝突安全性能評価試験の様子を見られる映像。クルマはマツダの大型クロスオーバーSUV「CX-8」。乗員保護性能評価試験での衝突試験は、真正面から衝突する「フルラップ前面衝突試験」、衝突ポイントが運転席側に偏った状態の「オフセット前面衝突試験」、そして側面(運転席側)からの「側面衝突試験」の3種類。そのほか、後方から追突されたときにどれだけシートがドライバーの頚部(首)の保護をできるかを調べる「後面衝突頚部保護性能試験」もある。また、歩行者保護性能評価試験は、ボンネットやフロントウィンドウなどに頭部インパクタをぶつけて頭部の保護性能を調べる「頭部保護性能試験」と、脚部インパクタをバンパーにぶつけて脚部の保護性能を調べる「脚部保護性能試験」の2種類の映像を見られる。映像提供:NASVA

→ 次ページ:
まずは1位と2位から!

メルマガ登録はこちら