JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/22

【JNCAP2014~17予防安全】
対車両の自動ブレーキ性能、優秀なクルマが多数!全37車種をまとめて紹介【前編】


np180612-01-00c.png

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年発表している自動車アセスメント「JNCAP」。現在、大きく分けて予防安全性能と衝突安全性能の2種類の評価試験が実施されている。

 事故を未然に防ぐためのハイテク機能「先進安全運転支援システム」を対象とした評価試験が予防安全だ。2014年から始まり、この4年間でテストを受けた車種は104車種に及ぶ(同一車種の別グレードや年式違いも1車種として集計)。

 ここでは、予防安全で行われる評価試験4項目のうち、14年から17年まで一貫して同一条件で行われている、クルマを対象とした衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)の性能評価で、32点満点をマークした車種を紹介する。

 満点をマークした車種は全37車種に及ぶため、前後編に分け、前編ではトヨタ、ホンダ、日産、マツダの合計20車種をメーカー別に紹介。評価試験を受けた古い順に掲載した。

メーカーインデックス

【前編】
トヨタ(8車種)
ホンダ(6車種)
日産(3車種)
マツダ(3車種)

【後編】
スバル(6車種)
スズキ(5種)
レクサス(4車種)
三菱(1車種)
メルセデス・ベンツ(1車種)

→ 次ページ:
まずはトヨタから!

メルマガ登録はこちら