JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/11

【JNCAP2017】
予防安全・前期後期合わせて20車種による得点ランキング! 後期も満点が出た!


np180601-02-01c.jpg

対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ評価試験の様子。前方に停車中の車両の陰から出てきた歩行者のダミーをしっかりとセンサーがとらえ、衝突被害軽減ブレーキが作動し、警報も鳴った上でぶつからずに停車できるかどうかが試される。画像は、JNCAP2017の前期で満点を取った日産「ノート」の車内から撮影されたもの。画像提供:NASVA

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年2回、前期と後期に分けて発表している、「自動車アセスメント(JNCAP)」。

 2017(平成29)年の後期の評価結果の発表が5月31日に行われた。「予防安全性能評価試験」(予防安全)を受けた車種が全20車種、「衝突安全性能評価試験」を受けた車種が全15車種となった。

 ここでは、事故を未然に防ぐ、もしくは被害を軽減するための機能である予防安全について、20車種を得点順にランキングにして紹介する。

2017年の予防安全の試験内容4項目について

 予防安全で行われる評価試験項目は4種類。「衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)」の作動と警報を確認する試験は、歩行者に対してと自動車に対してのの2種類が行われる。なお2018年からは、夜間における対歩行者の自動ブレーキの評価試験も加わることが発表されている(そのほか、誤発進抑制装置(ペダル踏み間違い時加速抑制装置)のテストも行うことを発表済み)。

 そして後方視界の視認性が評価される「後方視界情報」と、車線を逸脱しそうになった時にステアリングのアシストをして車線内に留まれるようにする「車線逸脱抑制」だ。

 点数の内訳は、自動ブレーキの「対歩行者」が25点満点、「対車両」が32点満点、「後方視界情報」が6点満点で、車線逸脱抑制が16点満点だ。合計79点満点である。

車線逸脱抑制評価試験の様子。車線逸脱抑制機能がある車種とない車種が比較されている。トヨタ「C-HR」は、左斜めに進んでいても白線に接触するようなタイミングで、ステアリングが自動的に切られ、反対方向へ進んでいく。一方で、トヨタ「ルーミー」は、車線逸脱抑制機能がないため、車線内をキープできない。映像提供:NASVA

→ 次ページ:
まずはベスト5から!

メルマガ登録はこちら