JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/08

【人とくるまのテクノロジー展2018】
マツダの次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」はここがスゴい!


np180529-04-01.jpg

マツダが展示した、次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」に基づいて開発中のフレーム。研究で開発されたフレームは何種類もあるそうで、今回はその内のひとつが展示された。このフレームは、「アクセラ」の「5ドアハッチバック」タイプのものを改良したものだそうで、特にフロア部分はほぼ完全に別物に取り替えられているという。

 5月23日~25日に神奈川県・パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」が開催された。内外の自動車関連会社597社がブースを出展、自社の技術をアピールした。

 マツダが展示した次世代技術のひとつが、車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークル・アーキテクチャー)」だ。それに基づいて開発が進められているフレーム(基本骨格)が展示された。

マツダの求める次世代車両構造技術とは?

 「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」は、マツダのクルマ作りの核である「人間中心」の思想をさらに突き進めたコンセプトだ。人体がもともと持っているバランス保持能力を最大限に活かすことで、より快適で疲れにくく、環境変化にも即座に対応できる状態をもたらすことができるようなクルマにするのが狙いだ。

 そのため、タイヤ、サスペンション、ボディに加えて、シートまで機能を見つめ直し、クルマとして全体が最適となる視点で開発中だ。ドライバーの運転操作に対する身体バランスの取りやすさを突き詰め、マツダが常々唱えている「人馬一体の走り」における究極の感覚を目指して、開発は進められているという。

→ 次ページ:
「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」のポイントは?

メルマガ登録はこちら