JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/05

【富士SUPER TEC 24時間レース結果速報】
日本国内10年ぶりの24時間耐久、759周を走って総合優勝したのは…!!


np180604-01-01.jpg

2日(土)15時に決勝がスタート。画像は、スタート直後のもので、ポールポジションから飛び出し、TGR(第1)コーナーに飛び込む直前の3号車「ENDLESS GT-R」(日産「R35型GT-R NISMO GT3」)。その背後も「GT-R」勢の1台、99号車「Y's distraction GTNET GT-R」。画像提供:富士スピードウェイ

 2日(土)15時から3日(日)15時まで、日本国内では10年ぶり、そして富士スピードウェイでは50年ぶりとなる24時間耐久レース「富士 SUPER TEC 24時間レース」(ピレリ スーパー耐久シリーズ2018第3戦)が好天の中で開催された。

 予選は、ポールポジションが3号車「ENDLESS GT-R」、2番手が99号車「Y's distraction GTNET GT-R」。最上位のST-Xクラスに参戦する日産「R35型GT-R NISMO GT3」がフロントローを分け合う形で、決勝はスタートした。

 序盤はGT-R同士のバトルが続いたが、アクシデント発生時でセーフティーカーが先導する隊列走行SCランの利用の仕方や、レース中に義務づけられている2回のメンテナンスタイムを取るタイミングなどがよかった99号車「Y's distraction GTNET GT-R」(浜野彰彦(はまの・てるひこ)/星野一樹(ホシノ・カズキ)/藤波清斗(フジナミ・キヨト)/安田裕信(ヤスダ・ヒロノブ)/スン・ジェン組)が最終的には独走態勢となり、2位よりも5周も多い759周、走行距離にして3463kmを駆け抜け、総合優勝を果たした。

np180604-01-02.jpg

ST-Xクラスの表彰式の様子。99号車「Y's distraction GTNET GT-R」の左から浜野彰彦、星野一樹、藤波清斗、Sun Zheng(藤波選手の陰で見えない)、安田裕信の5選手。赤いレーシングスーツの浜野彰彦、星野一樹、藤波清斗はレギュラードライバーで、ピレリ スーパー耐久シリーズ2018をこの3人で戦っている。白いレーシングスーツのふたりが、24時間レース特例の第4・第5ドライバー。助っ人は最大3人までで、チームによっては最大6人で挑んだ。画像提供:富士スピードウェイ

→ 次ページ:
24時間ならではの夜間や早朝の画像を掲載!

メルマガ登録はこちら