JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/01

日本で10年ぶり、富士では50年ぶり!!「富士SUPER TEC 24時間レース」、決勝は明日6月2日15時から。観戦はまだ間に合うぞ!


np180601-01-01.jpg

富士スピードウェイの夜間走行の様子。TGRコーナー(第1コーナー)からホームストレート方向を見て撮影されたもの。画像提供:富士スピードウェイ

 日本ではレースといえば、F1に代表されるスプリント系の人気が高いが、欧米では耐久レースの人気も非常に高い。トラブルなどが発生してもピットまで何とかたどり着き、そしてなんとしてでも最後まで走り抜く、というサバイバルなところが耐久レースの魅力のひとつといわれる。実際、ル・マン24時間レースなど、世界的な知名度を誇る24時間レースは複数ある。

 そんな24時間レースは日本ではここしばらく開催されていなかったのだが、耐久レースの国内トップカテゴリーであるスーパー耐久シリーズ(S耐)に、24時間レースが10年ぶりに復活。「富士SUPER TEC 24時間レース」が、いよいよ6月2日(土)15時から決勝スタートとなる。

 「富士SUPER TEC」は長い歴史を持つ耐久レースの1戦で、昨年は10時間で開催された。それが、2018年は一気に2倍以上となる。各チームのドライバーは3~6名の体制で参戦でき、最上位のST-XからST-5まで全8クラス合わせて50チームが参戦。

 予選は6月1日(金)に行われ、12時から14時50分まで、40分ずつ、4回に分けて行われる。そして、2日15時から決勝がスタートし、3日(日)15時のゴールに向かって、走り続けるのである。

np180601-01-07.jpg

夜間のピットレーンの様子。画像提供:富士スピードウェイ

np180601-01-08.jpg

メインストレートのメインスタンド前付近での夜間走行の様子。テストのため、観客はいない。画像提供:富士スピードウェイ

→ 次ページ:
多数の国産車が24時間を戦う!

メルマガ登録はこちら