JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/06/04

【人とくるまのテクノロジー展2018】
日産の革命的な“可変圧縮比エンジン”が量産される! 「VCターボ」エンジンとは!?

 5月23日~25日に神奈川県・パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」が開催された。内外の自動車関連会社597社がブースを出展、自社の技術をアピールした。

 日産で目を引いていたのが、日立オートモティブシステムズ社と共同開発した量産型の可変圧縮比エンジン「VC(Variable Compression:可変圧縮)ターボ」だ。

圧縮比とは? 圧縮比を可変できるとは?

np180525-02-01.jpg

圧縮比を連続的に可変させられる量産エンジン「VCターボ」のカットモデル。最高出力200kW、最大トルク390N・mという、6気筒エンジン並みのパフォーマンスを出しながら、非常に優れた効率を併せ持ったコンパクトな4気筒ターボエンジンだ。

 圧縮比とは、エンジンのシリンダー(燃焼室)において、ピストンが下死点(最も下がった位置)となって容積が最大になるときと、上死点(最も上がった位置)となって最小になるときの比率をいう。

 仮に最大の容積が2000ccで、最小が200ccだとすると、2000:200=10:1となる。これが最大が2200ccで最小が200ccなら11:1だし、最大が1800ccで最小が200ccなら9:1。または最大が2000ccで最小が400ccなら5:1だし、最大が2000ccで最小が100ccなら20:1となる。

 つまり、最小容積が同じままで最大容積が大きくなるか、最大容積が同じままで最小容積が小さくなると圧縮比は高くなる。その逆なら圧縮比は低くなる。なおカタログ上では、最大側の数値のみを表記する場合も多い。

 圧縮比はエンジンの性能や特性を決める重要な要素のひとつなので、メーカーはどのような車にしたいかによって慎重に検討して決めていくのである。

→ 次ページ:
北米では搭載車種がすでに発売中!

メルマガ登録はこちら