JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/31

【人とくるまのテクノロジー展2018】
第2世代「N-BOX」のフレーム、構造とハイテン材、溶接、接着剤など、4つのポイントに迫る!


np180528-01-01.jpg

ホンダの2代目「N-BOX」のフレーム。左タイヤハウスから前席フットスペースの辺りを撮影。展示用に青く塗られたフレームは2代目「N-BOX」のフレームにおけるポイントのひとつで、助手席下に見えている二股に分かれたトラス構造に注目。

 5月23日~25日に神奈川県・パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」が開催された。内外の自動車関連会社597社がブースを出展、自社の技術をアピールした。

 ホンダは、2輪と4輪でそれぞれ1台ずつカットモデルを展示。2輪の「ゴールドウイング ツアー」についてはこちらで紹介したので、ここでは2代目「N-BOX」のフレーム(基本骨格)を紹介しよう。

np180528-01-09.jpg

2代目「N-BOX」は、初代の発売より6年ぶりとなる2017年9月に登場。日本自動車販売協会連合会の調査による2017年の新車販売台数で21万8478台を記録し、普通車・軽自動車合わせて1位を獲得した。「N-BOX」は軽自動車「N」シリーズのベースとなる車種で、2代目も同車が最初に発売され、それをベースとして「N-ONE」や「N-WGN」、そして新たにラインナップされる軽バン(軽貨物車)「N-VAN」などが開発されている。ホンダ本社(ウェルカムプラザ青山)前にて撮影。

np180528-01-02.jpg

2代目「N-BOX」のフレーム。上級車の考え方を応用した高効率フロアフレーム構造を採用しているほか、より高張力のハイテン材の割合を増やすなどして、軽量・高剛性化を徹底して開発された。2代目「N-BOX」は初代より約80kg軽量化を達成しているが、その大きな要因となっているのがフレームである。このフレームでは青い部分のほか、赤い部分、フロアなどの紫の線など、色のついた部分があるが、今回の展示ではポイントとして紹介されていた。

→ 次ページ:
フロントフレームに設けられた軽量化のための工夫!

メルマガ登録はこちら