JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/29

【人とくるまのテクノロジー展2018】
トヨタは2Lの新型直4NAエンジンなどを展示! 新車に搭載する…らしいぞ!?

 5月23日~25日に神奈川県・パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」が開催された。内外の自動車関連会社597社がブースを出展、自社の技術をアピールした。

 トヨタの展示で目を引いたのは、、最新のエンジン2基とトランスミッション。ここではその3つを紹介しよう。

TNGAコンセプトに沿って新開発された2L直4NAエンジン!

np180525-01-01.jpg

新型2L直4NAエンジンのカットモデル。TNGAコンセプトに沿って開発された「Dynamic Force Engine」の1基。種類:直列4気筒NA。排気量:1986cc。内径×行程:Φ80.5×97.6mm。圧縮比:13(NA)、14(HV)。燃料噴射システム:D-4S。最高出力:126kW/6000rpm(NA)、107kW/6000rpm(HV)。最大トルク:205N・m/4800rpm(NA)、188N・m/4800rpm(HV)。排出ガス規制対応:ULEV50。

 新型の2.0L直列4気筒直噴ガソリンエンジン(NA)は、TNGA(Toyota New Global Architecture)コンセプトに沿って新開発された「Dynamic Force Engine(ダイナミック・フォース・エンジン)」の1基。

 高速燃焼技術、可変制御システムを採用したほか、排気や冷却、さらに各種可動部のフリクション(摩擦)など、さまざまなエネルギーロスを低減させたことで、最大熱効率40%を達成した。通常のガソリンNAエンジンで40%、ハイブリッド用エンジンは41%になる。

 エンジンの正式な型式名称、搭載される車種などは未発表。今後発売される新型車に実際に搭載されることだけは間違いないようだ。

np180525-01-02b.jpg

新型2L直4NAエンジンのカットモデルを横方向から。熱効率40%は素晴らしい数値であり、それが実験用のエンジンではなく、市販車に搭載される量産エンジンであることがなおさら素晴らしい。

→ 次ページ:
レクサス「LS500」に搭載された新型エンジン!

メルマガ登録はこちら