JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/23

外環・千葉県区間全通レポート:足かけ50年! 6/2(土)、ついに三郷南IC~高谷JCTが開通。

np180521-03-01.jpg

すでに開通している埼玉県内の三郷南ICを南に下り、江戸川を渡る葛飾大橋の手前で撮影。三郷南IC方面に向いて撮影した。外環・千葉区間というと、埼玉県三郷市からからすぐに千葉県松戸市に入るようなイメージがあるが、実はわずかな距離だが東京都葛飾区を通過する。撮影した現場は、その葛飾区に入った辺り。

 C3東京外かく環状道路(外環)自動車道はNEXCO東日本が管轄する高速道で、首都圏道路網の動脈のひとつとして活躍中だ。

 外環はまだ全線が開通しておらず、現在、東西で工事や用地取得などが進められている。その内、東側の千葉区間約15.5kmが2018年6月2日(土)16時にいよいよ開通する。同時に共に整備された国道298号の千葉区間約12.1kmも開通する(すでに一部が開通済み)。

 千葉区間とは、すでに開通している埼玉県・三郷南ICから南へ向かい、首都高・B湾岸線とE51東関東自動車道(東関道)に接続する高谷(こうや)JCTまでを指す。国道298号は松戸IC北交差点から、湾岸線と東関道に沿って走る国道357号までがつながる(一部は開通済み)。これにより、東側区間はほぼ完成となる(今後、京葉道路と連絡する京葉JCTでふたつのランプが建設される計画)。

 千葉区間は片側2車線ずつの4車線道路(道路規格:第1種第3級)で、設計速度は時速80km。1日の交通量は3万2500台から4万6100台が見込まれている。事業費は約9100億円だ。

 6月2日の開通に先立ち、プレス向けに現場公開が5月15日に行われた。レポート第1弾は、外環およびその千葉区間とはどのような高速道なのかを中心にお伝えしよう。

np180521-03-00c.png

今回開通する区間。埼玉県三郷市内の三郷南ICから湾岸線および東関道と接続する高谷JCTまでが開通となる。そして一般道の国道298号の外環・千葉区間に沿って整備された区間は一部がすでに開通しているが、その大部分も同じく6月2日に開通となる。

→ 次ページ:
まずは外環とは、千葉区間とは?

メルマガ登録はこちら