JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/19

時速1000キロで荷物を輸送する「ハイパーループ」がドバイで発表。輸送の未来を変えるか?

00_hiperloope_00.jpg

(c) Hyperloop One

 アラブ首長国連邦のドバイで、チューブの中を超高速で貨物を輸送する『PCワールド・カーゴスピード』のコンセプトが4月29に発表された。SFの中の真空チューブの中を移動する高速列車にアイデアを得たこの輸送システムが実現すれば、世の中社会に革新的な変化を起こすかもしれないとも言われている。

 PCワールド・カーゴスピードは、米企業バージン・ハイパーループ・ワンが2013年から開発してきた『ハイパーループ』といわれる超高速輸送システムに、アラブ首長国連邦の運送会社DPワールドが出資・共同開発する形で実現化が進められている。

00_hiperloope_01.jpg

空気抵抗を極力抑えた低圧環境チューブ。この中を貨物列車が移動する。(c) Hyperloop One

→ 次ページ:
新幹線の3倍のスピード

メルマガ登録はこちら