JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/09

今年は120周年記念で変革の年! 19世紀から始まったパリ・モーターショーこと「ル・モンディアル2018」

np180508-01-01.jpg

前回のパリ・モーターショーの様子。画像提供:パリモーターショー

 世界5大モーターショーとされるパリモーターショー。同モーターショーは2年に1回、偶数年に開催されており、100万人を超える世界最大の来場者数を誇る(前回2016年は、107万2697人、取材ジャーナリストは1万人以上)。さらに、第1回はなんと19世紀末の1898年に開催され、今年で120周年。自動車の国際展示会として最も長い歴史を有しているのだ。

 ちなみに第1回の会場となったのがシャンゼリゼ通りとルーブル美術館をつなぐ形のチュイルリー公園が会場で、出展条件はショーの開催前にパリ⇔ヴェルサイユ間40kmを問題なく走行できることだったそうだ。これを達成できて初めて「真の自動車」として認められ、出展できたのだという。

 そんなパリモーターショーは120周年の2018年を変革の年としており、日本など各国をプレスカンファレンス開催のために回っている。日本では5月8日に開催され、今回の計画や特徴などが説明された。

120周年記念の2018年は変革の年!

 2016年までのスタイルから変更される部分だが、まず、母国フランス語での名称が変わり、「ル・モンディアル(Le Mondial)」となる。

 そして会期も大幅に短くなる。従来は、3回の週末を挟む長期間で開催されていたが、一般公開は10月4日(木)~14日(日)で、11日間に短縮された。これは、長すぎるという意見が多かったことに対応したからだという。

 その代わり、4日(木)~6日(土)、10日(水)~12日(金)の合計6日間は夜22時まで開催する予定で、会社帰りにも見に来られるようにしたという(夕方からの割り引きチケットも用意)。ちなみに初日の4日は、レディースナイトという女性向けの日にもなっている。

np180508-01-02.jpg

会期一覧。一般は10月4日から11日まで。プレスデーは4輪が10月2日と3日、2輪が3日。業界関係者用のモンディアル・テック(Professional BtoB Show)は10月2日(図中では1日午後)から6日まで。スペシャルイベントは、9月30日、10月1日、5日、6日。2日と3日は夜間に行われる予定。

np180508-01-07.jpg

プレゼンテーションを行った、パリモーターショー代表のジャン=クロード・ジロ氏。実は日本通で、剣道7段の腕前で、フランスチャンピオン9回、ヨーロッパチャンピオン6回の経歴を持つ。現在はかつてはフランス代表チームのキャプテンを務め、現在はコーチを務めているという。

→ 次ページ:
今回の展示の変更点や特徴について!

メルマガ登録はこちら