JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/05/02

話題の新コレクターズアイテム、あの「マンホールカード」の第7弾が登場。GWには9地方49種類が追加され配布開始!

np180425-01-01.jpg

 下水道広報プラットフォーム(GKP)が企画・監修する、マンホールのフタを題材としたコレクションアイテム「マンホールカード」。今、コレクターの間でブームとなっており、ゴールデンウィークに集めやすいよう、この4月28日(土)から第7弾として9地区49自治体のカードの配布が始まる。

 GKPとは、「下水道のプレゼンス向上」を目指して業界や分野の垣根を越えてさまざまな団体や人が加わっている組織。国土交通省・水管理保全局下水道部や、日本下水道協会などの下水道関連団体、地方公共団体、民間企業などが加わっている。

 マンホールカードは、そんなGKP内で結成されたプロジェクトチーム「マンホール・エンジョイ・プロモーション」、通称「マエプロ」が中心となって進めている。今回の第7弾を加えると、マンホールカードは全部で301自治体・342種類にもなる。そしてこれまで合計で約180万枚が配布済みだ。

マンホールカードはどこで手に入る?

 マンホールカードはその自治体の役所・役場や下水道関連の展示施設、アンテナショップ、道の駅などなど。詳しくは、下水道広報プラットフォームの公式サイトをご覧いただきたい(最終ページ下段にリンクがあります)。

np180425-01-02.jpg

マンホールカードの表(左)と裏。サンプルは福島県田村市。表に自治体の名称、そしてマンホール、その北緯と東経が記されている。そして裏面には、そのマンホールの図柄に関する説明や、その図柄に関連するものなどが紹介されている。画像提供:下水道広報プラットフォーム

→ 次ページ:
第7弾のリストをカードの画像と共に掲載!

メルマガ登録はこちら