JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/04/10

【PR】プロドライバーで実証実験!
TALEXの偏光サングラス、
目の疲労感を試してみた

ほかにもプロのドライバーたちはこんな感想を!

np180410-01-07.jpg

自車のフロントガラスへの映り込みの比較。ダッシュボードに白など明るい色のものがあると、映り込みやすい。左がTALEXオーバーグラスをかけた場合のもので、右が裸眼。TALEXのホームページから。

 そのほかの乗務員の感想も一部ではあるが掲載しよう。

●はっきりと見えます。特に一番感じたのは、フロントガラスに映り込みがないことで、大変ビックリしました。逆光がまぶしくないので、運転に集中しやすいですね。

●目の疲労はもとより身体全体の疲労が少ないよう感じました。従来のサングラスと比べてとても明るいと感じます。

●まずこのサングラスで驚いたのは、重いのではという大きさなのに実に軽いこと。自分のメガネの上に着用していることを忘れてしまいました。

●仕事が終わった後も目の疲労感が驚くほど無く快適に運転できました。

np180410-01-06.jpg

TALEXオーバーグラスは安全運転につながる一方で、実はトランスポート事業部の場合は注意点も存在する。サングラスであるため、かけたままだと依頼者にどうしても怖い印象を与えてしまうからだ。そのため、鈴木所長は業務では現場に到着する前に外すようにしているという。また、現場から出発する際、助手席に故障車のドライバーなど、依頼者も乗せた上での移動も希にある。そのため、西日などが直射する方向に進むような場合は、やむなく安全性の問題から着用するが、一言断ってから着用するようにしているとも。

→ 次ページ:
TALEXオーバーグラスに苦手な部分はないのか?

メルマガ登録はこちら